シンバイオ製薬(東京・港、吉田文紀社長)は2011年10月20日、大阪証券取引所JASDAQ市場に株式上場した。2011年の3社目のバイオベンチャーの上場となったが、公開価格の560円に対して売り気配が先行し、10時40分には450円の上場初値を付けた。その後、370円まで下げた後ストップ安となった。取引終了後に吉田社長は記者会見を開き、同社の戦略などを説明した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)