線維芽細胞成長因子(FGF)遺伝子を有効成分とする遺伝子治療薬の多施設医師主導治験が計画されており、治験開始届(IND)提出に向けた医薬品医療機器総合機構(PMDA)との相談が最終段階にあることが、2011年10月20日までに本誌の取材で分かった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)