兵庫県立大学大学院生命理学研究科の樋口芳樹教授らと茨城大学農学部の西原宏史准教授ら、理化学研究所は共同で、酸素耐性の膜結合型[NiFe(ニッケル・鉄)]ヒドロゲナーゼの立体構造を、大型放射光施設SPring-8を利用したX線結晶構造解析により解明した。Nature誌電子版で2011年10月17日(日本時間)に発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)