米Anadys Pharmaceuticals社は2011年10月13日、ジェノタイプ1のC型肝炎(HCV)患者を対象にペグ化インターフェロンとリバビリンによるP/R治療にsetrobuvirを併用する治療を検討しているフェーズIIb試験で、12週までの中間結果から有望な抗ウイルス反応と良好な安全特性が示されたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)