英NICE(国立臨床評価研究所)は2011年9月末に、フランスSanofi社の前立腺がん治療薬「Jevtana」のNHS(国民保健サービス)での使用を推奨しないとするガイダンス案を発表したが、これに続き、今度は、Bristol Myers-Squibb社(BMS)の進行悪性黒色腫治療薬「Yervoy」(ipilimumab)をNHSでの使用を推奨しないとするガイダンス案を10月13日に公表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)