厚生労働省は2011年11月13日、第27回高度医療評価会議を開催した。この日は解離性大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術について審議し、申請者が計画した臨床試験の評価項目などに指摘が相次ぎ、継続審議となった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)