米Virent社は2011年10月10日、米ライトパターソン空軍基地にある米空軍研究所(AFRL:Air Force Research Laboratory)が実施した、Virent社が英Shell社の技術的な協力を得て生産した植物由来ジェット燃料の分析テスト結果を公表した(関連記事1)。その結果、ブレンドせずに単独でも100%再生可能なジェット燃料として使用できる可能性が見えてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)