米GlycoMimetics社は2011年10月11日、汎セレクチン阻害薬「GMI-1070」について米Pfizer社と世界的独占ライセンス契約を締結したと発表した。GMI-1070は鎌状赤血球症に伴う血管閉塞性発作の治療としてフェーズII段階で開発されている。この契約により、GlycoMimetics社は最大3億4000万ドルを得る可能性がある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)