ドイツCEVEC Pharmaceuticals社は2011年10月7日、BioJapan2011の会場で本誌の取材に応じ、羊水細胞由来のたんぱく質生産・ウイルス増殖用安定細胞株(CAP細胞株)の販売を本格的に開始したことを明らかにした。CAP細胞株はICHガイドライン、欧州薬局方に基づいたマスターセルバンクの管理が行われている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)