2009年9月1日に発足した消費者庁に移管された特定保健用食品(トクホ)制度の活用が、ここ1年で前年に比べ半分になっていることが分かった。2011年10月13日に表示が認められた8品目を含め、ここ1年の新規許可数が48品目と、1年前の93品目に比べ、ほぼ半数になった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)