米Monsanto社と米GrassRoots Biotechnology社は2011年9月27日、現在行っている3年間の共同研究を更に2年間延長して2014年1月までとすることに合意したと発表した。このアライアンスは現在行なわれている共同研究の成功を受けて延長されたもので、両社は作物の生産性を増強し維持する形質遺伝子を発現するプロモーターのデザインとその開発に焦点を当てている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)