2011年10月3日、スウェーデンKarolinska Institutetはノーベル生理学・医学賞を発表した。受賞者は、獲得免疫において重要な役割を果たす樹状細胞を発見したRalph Steinman氏と、自然免疫の機構解明に貢献したBruce Beutler氏、Jules Hoffmann氏の3人。世界で初めてヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)の樹立に成功し、今年も有力候補とみられていた山中伸弥・京都大学教授の受賞はならなかった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)