米Philadelphia小児病院や米国立衛生研究所(NIH)などの研究者たちは、2011年10月3日、小児の慢性腎疾患(CKD)患者はこれまで考えられていたよりも早い段階、すなわち糸球体濾過率(GFR)が50mL/分/1.73m2程度になった時点で、成長障害や代謝異常、高血圧などの心血管危険因子を保有している可能性があることを明らかにした。詳細は、Clinical Journal of the American Society of Nephrology誌9月号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)