武田薬品工業は2011年10月6日、同社の100%子会社米Millennium Pharmaceuticals社が多発性骨髄腫治療剤「ベルケイド」(一般名:ボルテゾミブ)のリツキシマブとの併用による再発性濾胞性リンパ腫の米国での適応追加の申請を取り下げたと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)