2011年10月5日、横浜市で開幕した日本最大のバイオのイベントであるBioJapan2011で、武田薬品工業の長谷川閑史社長が「日本の成長戦略」というタイトルで基調講演を行い、「新興国の成長に貢献することは不可欠」などと述べ、グローバル化の必要性を唱えた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)