放射線医学総合研究所 分子イメージング研究センターの山谷泰賀チームリーダーらの開発チームは、科学技術振興機構(JST)の研究成果展開事業(先端計測分析技術・機器開発プログラム)の一環として、新しい陽電子断層撮像法(PET)用3次元放射線検出器「クリスタルキューブ」を開発した。2011年10月5日(英国時間)に英物理学会のPhysics in Medicine and Biology誌に掲載される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)