いずれも米国立衛生研究所(NIH)の下部機関である米国立関節炎・筋骨格・皮膚疾患研究所(NIAMS)、米国立がん研究所(NCI)と米Rockefeller大学の研究者たちは、新たな分析技術を開発、これを用いて、白血病、リンパ腫、肉腫などの発生に重要な役割を果たす染色体の転座がゲノムのどんな領域に生じやすいかを詳細に調べた。得られた知見は、NIAMSのRafael C. Casellas氏らによりCell誌2011年9月30日号に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)