福島県いわき市は「いわき農作物見える化プロジェクト“見せます!いわき”」を2011年10月1日に始動すると9月27日に発表した。東日本大震災による東京電力福島第1原子力発電所の事故に伴ういわき産農作物の風評被害対策として実施する。いわき市はドイツBerthold Technologies社製「ガンマスペクトロメーターLB2045」を購入し、9月20日から「いわき産農作物安全確認モニタリング検査」を開始した(写真)。9月27日は旬を迎えた特産品であるナシの検査を行っていた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)