日立製作所は、情報・システム研究機構国立遺伝学研究所の五條堀孝教授グループの協力の下、Hadoop技術を用いた大量ゲノムデータの分散処理環境を試作し、その有用性の検証を行い、従来の分散処理システムと比較して約5分の1のコストで同等のデータ処理能力が実現できることを見いだした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)