米Janssen Biotech社は2011年9月26日、米食品医薬品局(FDA)が抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体薬「REMICADE」(一般名:インフリキシマブ)を中程度から重度の活動期潰瘍性大腸炎(UC)で現行治療が十分に奏効しなかった小児患者の治療として承認したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)