フランスSanofi社のワクチン部門であるSanofi Pasteur社は2011年9月21日、世界保健機関(WHO)にポリオ撲滅のために用いられているポリオワクチン株を寄付すると発表した。この寄付により、今後の同ワクチン株の保管と世界中のワクチン生産者への配布は完全にWHOの管理下に置かれることになる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)