中央社会保険医療協議会は2011年9月7日の総会で、新薬15成分20品目の薬価収載を了承した。子宮頸がん予防ワクチン「ガーダシル水性懸濁筋注、同水性懸濁筋注シリンジ」(組み換え沈降4 価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン(酵母由来)、MDS)1成分を除き12日付で薬価収載された。薬価収載に伴い、承認を取得していた企業は、新薬の販売を開始した。今回発売となった薬剤には、注目するものが複数ある。それら薬剤について市場性を含め解説する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)