科学技術振興機構(JST)は、研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)のうち、本格研究開発ステージの採択課題が決定したことを2011年9月30日に発表した。このステージには、若手起業家タイプ(最長3年間、総額上限4500万円+300万円)、起業挑戦タイプ(3年間、1億5000万円+1500万円)、ハイリスク挑戦タイプ(2年間、2000万円)、シーズ育成タイプ(4年間、2億円+企業2億円)の4つのタイプがある。それぞれのタイプの採択課題数と競争倍率(カッコ内)は、若手起業家4件(3.2倍)、起業挑戦3件(17.3倍)、ハイリスク挑戦38件(5.4倍)、シーズ育成12件(6倍)だった。このうち、金額が大きなシーズ育成タイプと起業挑戦タイプのうち、バイオと関係が深い採択課題を記事後半に掲載する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)