米Gilead Sciences社は2011年9月19日、未治療のHIV感染者を対象とした、4成分含有錠剤Quad(elvitegravir、cobicistat、emtricitabineおよびtenofovir)のフェーズIII臨床試験で、Quadが、ritonavirにブーストされたatazanavirとTruvada (emtricitabine/tenofovir disoproxil fumarate)の組み合わせ療法に劣らないという主要な評価指標が達成されたと発表した。主要な評価指標は、治療開始48週目の、HIV RNA濃度(ウイルス量)が50コピー/mL以下を達成した患者の率とされた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)