人材募集、セミナー・学会などの投稿方法の変更について

(2015.09.28 22:50)

 日経バイオテクONLINEでは2015年11月6日より、「人材募集」「セミナー・学会」などのコミュニティコーナーへの投稿方法を変更します。新しい投稿の受け付けは、11月2日までで一度終了し、11月6日から再開します。11月6日以降に投稿する場合は、新しい投稿方法に従って、再度手続きの上、再投稿していただく必要があります。

 11月6日以降、無料での投稿を希望される方は、大学や公的研究機関の正式メールアドレス(ドメインがac.jp、go.jpなど)で、「bto-free@nikkeibp.co.jp」あてに投稿希望のご連絡をお送りください。

 なお、「人材募集」欄への投稿は、研究室の事務担当者ではなく、必ず研究者の方が大学や公的研究機関の正式メールアドレスでご連絡ください。「セミナー・学会」「技術シーズ」欄への投稿は、事務局や、秘書の方でもお受けしていますが、その場合も必ず大学や公的研究機関の正式メールアドレスを用い、本名と勤務先をご連絡ください(お問い合わせ先 bto-free@nikkeibp.co.jp)。

 研究者個人以外の大学、公的研究機関の事務担当者からのご依頼で、「セミナー・学会」「技術シーズ」の投稿希望と確認できなかった場合や、「ac.jp」「go.jp」以外のドメインからの依頼で、研究者個人からのご依頼であることが確認できなかった場合には、ID・パスワードの発行をお断りすることがあります。

 確認がとれ次第、ご投稿用のサイトとID・パスワードをご連絡させていただきます。ID・パスワードのご連絡までに、1週間程度掛かる場合がありますが、ご了承ください。ID・パスワードのご連絡と前後して、システム的に投稿の用意が整った段階で、登録させていただいたメールアドレス宛に、メールが送信されますので、ご確認ください。IDは、発行から1年間を有効期限といたします。継続を希望される方は、有効期限後に改めてお手続きください。

 ID・パスワードを入手して以降の具体的な投稿方法につきましては、マニュアルをご覧ください。 https://bio.nikkeibp.co.jp/help/manual.html

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 製造業ゲームチェンジ ― 「バイオエコノミー」の衝撃 <テクノロジーNEXT 2018>
    2018年6月13日(水)開催 [東京・御成門]
    セルロースナノファイバー、スマートセルインダストリー、DIYバイオなど、製造業でも台頭してきたバイオ関連技術が、自動車や電機、素材、エネルギー業界などに与えるインパクト。その将来性、応用可能性を探る。
  • 「日経バイオ年鑑2018」<新刊>
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • 「バイオベンチャー大全 2017-2018」
    国内の未上場バイオベンチャーの企業データをすべて網羅しました。提携先を探し求める製薬会社にとって、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、自社の経営戦略を見極めるうえで有益となる重要情報を開示します。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧