昨日のリーガエスパニョーラでメッシがまたハットトリック、格下ではありますが、オサスナに8:0の快勝です。まるで野球のようなスコアですが、オサスナの守備が必ずしも崩壊した訳ではない。まるでピラニアのようなバルセロナの天才達が面白いように、ゴール前でパスを繋ぎ、守備を切り裂いた結果です。他のサッカーリーグの王者たちが不調をあえいでいるのに、バルセロナだけは相変わらず絶好調。セスクをバルセロナに放出したアーセナルのベンゲル監督のため息が聞こえてきます。
 さて、バイオです。変化は静かに訪れました。
 2011年9月16日、米国Obama大統領がAmerica Invest Actに署名、59年ぶりに米国特許法の大改正が施行されました。最大の改正は世界で頑なに先発明主義を取ってきた米国がこれを放棄、先出願主義に転換したことです。正式にはこの法律の施行18ヶ月後から、米国も日本、欧州と並び、先出願主義に変わります。(http://www.whitehouse.gov/  左記のホームページでAmerica Investで検索すればプレスリリースが出ます。)
 これによって、今まで特許紛争が起こるまで不明確だった一体誰が一番早く発明の権利を確保できるのか?ということが、最初の発明を申請した人であることが、日米欧で明確となりました。勿論、権利範囲などについて紛争は残るでしょうが、米国が先発明主義に固執していたため、面倒で費用が掛かるインターフェアランスなどの法的な紛争処理が必要だった最終的な権利確定が、簡便化されると期待しています。米国お得意のサブマリン特許などのルールがあるようでルールがない、恣意的な特許法の運用にも一定の枠をはめることができると期待しています。やっと、日米欧で、知的資本主義の基盤である特許制度の根本原則の統一化が進んだのです。
 よくぞアメリカが折れたと思う読者もいるでしょうが、先発明主義は米国企業にとっても重荷になっていたのたと私は確信しています。煩雑でコストのかかる米国の特許制度が、企業にとっても国際競争力の頚木になっていたのです。
 身近な例では我が国が完勝しつつあるiPS細胞特許です。今年2月1日に商業化では京都大学のライバルであった米国iPierian社にiPS細胞製造に関する基本特許を非独占的ライセンスを1月27日に与えたと発表しました。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news_data/h/h1/news7/2010/110201_1.htm
取材してみると、実はiPierian社が京大との特許紛争によるインターフェアランスを避けるため、京都大学に競合する同社の特許(ドイツBayer社のヒトiPS細胞特許も含む)を無償譲渡し、その見返りに非独占ライセンスを得たことが明白となりました。あれだけブラフをかましていたiPierian社も、コストと特許の強弱を勘案し、土俵際で名を捨て、実を取った格好です。リスクマネーを大量に集め、新技術を開発するベンチャー企業にとっても、不明確な先発明主義は特許紛争が避けられず、と特許網の強弱を判断する根拠も不明確となる点が、経営上のリスクに今ではなってしまったのです。先発明主義と、確かに理念は美しいが、実効性の無い制度に依存していては、世界の超大国も知識資本主義の競争で沈没せざるをえない状況だったと考えています。
 皆さん、BioJapan2011、今年も10月5-7日、パシフィコ横浜で開催いたします。会場でお会いいたしましょう。展示会とセミナーの無料登録は以下のサイトでお急ぎ願います。
http://expo.nikkeibp.co.jp/biojapan/2011/
 台風接近中です。今週もご自愛願います。
             Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
2011-09-14   
BTJブログWmの憂鬱2011年09月14日、個の医療の実現のためにもバイオバンク・ジャパンの有効活用を
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/1597/
----------------------------------------------------------------------------
2011-09-12    
BTJブログWmの憂鬱2011年09月12日、武田薬品、光工場で量多品種しかも高品質生産の実現へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/1528/
============================================================================
科学技術振興機構(JST)A-STEPのフィージビリティスタディ(FS)ステージ、新規採択案件を「BTJジャーナル」2011年8月号で特集しました。
BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
アカデミア向けの有料サービス「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 BTJジャーナル2011年8月号を先月末(8月25日)に発行・公開しました。BTJジャーナルは、全文を無料で読むことができます。ぜひご一読いただければと思います。
 最新号(2011年8月号)のダウンロードはこちらから。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj1108
 巻頭の“緑”コーナー「アカデミア・トピックス」では、大学などで生まれた研究成果の実用化を目指す研究開発フェーズを支援する科学技術振興機構(JST)のプログラムA-STEPを取り上げました。そのフィージビリティスタディ(FS)ステージの2011年度第1回公募分の採択課題が決定しました。競争率4倍の探索タイプは採択1181件のうち、バイオテクノロジーやライフサイエンスと関係が深い課題が6割を占めました。
 アグリ・バイオ分野は197件で、研究責任者の所属機関別で最も件数が多いのは8件の大阪府立大学と広島大学でした。一方、創薬分野では西高東低が目立ちました。この探索タイプに続き、シーズ顕在化タイプ119件と起業検証タイプ8件も決定しました。
この2タイプは競争率は6倍前後となりました。
 この記事は、以下のBTJ/日経バイオテク・オンラインの記事をもとにとりまとめました。BTJジャーナルの記事はどなたでも全文をご覧いただけます。しかもPDFマガジンですので、採択課題などを一覧表で見やすく掲載しています。
大学成果の技術移転を支援するJSTのA-STEP、FSステージ探索タイプ採択1181件の6割がバイオ・ライフ関連
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0523/
JSTのA-STEP探索、アグリ・バイオ分野で多数採択は大阪府立大、広大、東北大、名大、北大、慶大鶴岡、香川大、宮崎大
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0525/
JSTのA-STEP探索の創薬分野は西高東低、多数採択は東北大、熊本大、金沢大、名市大、阪大、大阪市大、長崎大
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0527/
1件800万円のA-STEP・FSステージ採択127件、最多は産総研7件と昭和電工4件
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0976/
JSTのA-STEP・FSアグリ・バイオ25件、キノコで雪国と大塚、乳酸菌でゲンとニチニチ、リン脂質で日油とナガセ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0977/
JSTのA-STEP・FS創薬は12件、プロジェクトリーダー企業は化血研と湧永、わかもと、大塚製薬など9社
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/1008/
※2011年8月号(第68号)のコンテンツを目次にて紹介します。
BTJジャーナル 2011年8月号(第68号)
●CONTENTS
JSTのA-STEP「FSステージ」、農水省BRAINのイノベーション創出、文科省NISTEPの科学技術指標 
P.2 アカデミア・トピックス
大学の成果を実用化へ橋渡し
JSTのA-STEP「FSステージ」
P.9 リポート
BRAINイノベーション創出事業
55億円に17倍、仕分け影響も
P.11 キャリア
NISTEP「科学技術指標2011」
P.12 BTJアカデミック・ランキング
JST・A-STEP探索の創薬がトップ
P.14 広告索引