米国国債の格付け引き下げなど、世界の金融市場はリーマンショック後の通貨の膨張の後始末で大揺れに揺れています。欧州と米国の政府に対する信任が揺らいだ結果、本当はギリシャより危うい日本の通貨、円に資金が殺到するという皮肉な結果を招いています。津波も押し寄せる波よりも引き波が怖い。日本の円も今や累卵の状況にあります。
 米国のバイオベンチャー企業群も、2011年8月4日、Dendreonショックと言うべき、大幅な株価暴落に見舞われました。昨年前立腺がんに対する樹状細胞(本当は前駆細胞だと思いますが)ワクチン「Provenge」の販売認可を米国で獲得して以来、米国のバイオベンチャー企業の株式上昇のエンジンとなっていたDendreon社の株価が、60%も暴落したのです。この結果に恐慌をきたした投資家たちが、バイオベンチャーの株式の売りに出たため、他のバイオベンチャー企業も軒並み株価を下げました。Nasdaa Bio Indexは4日の午後だけで6.2%も低下しました。
http://www.marketwatch.com/investing/stock/dndn
 原因はDendreon社の2011年第2四半期の業績発表で、Provengeの売り上げが予想以上に少なかったことです。上記のリンクで見ていただければ一目ですが、まるで崖から転落するように株価が下落しました。前立腺がんの画期的な治療法との期待が大きければ大きいほど落胆も大きかったのです。
 米国のメディアはいろいろな分析を行っていますが、Provengeの売り上げ不調の原因は大雑把に2つあるという結論です。最大の原因は、米国の保険会社が一年間9万3000ドルという高価格のProvengeの保険支払いをしないのではないかと、医師が判断し、Provengeを処方しなかったという解説です。まったく味わいもありませんが、「医者も商売だから、支払いが確約できない医薬品は売らない」というコメントまである始末です。Provengeの米国市場での売り上げを増加させるためには、医療経済的なメリットを証明し、保険会社を説得しなくてはならないというのです。
 もう一つの疑問は、Dendreon社の供給能力の問題でした。これは、Provengeの高コストとも密接に連携しており、コインの裏表の関係にあります。患者さんから採取した白血球に前立腺がん特異抗原である酸性ホスファターゼと顆粒球マクロファージ・コロニー刺激因子の融合蛋白を加えて培養し、前立腺がん特異抗原を提示した樹状細胞を、もう一度、患者さんに注入するのが、Provengeの治療法です。明白ですが、患者さん一人毎に細胞培養と感作を行い、規定量の樹状細胞を製造し、患者さんにお戻しする、典型的な個の医療です。
 こうした手間を考えると、9万3000ドルも決して高くはないのですが、それでもやはりコストダウンが必要です。効能は保障されておりませんが、我が国の活性化リンパ球療法が150万円程度です。比較すべき根拠はありませんが、それでもこの高額医療の支払いを米国の保険会社に認めさせるためには、多数の臨床例での医療経済的な分析が不可欠です。Dendreon社が売り上げを上げるためには、尚、投資が必要な段階です。ここでの株価暴落は誠に痛い。安易な情報提供による期待感の膨張は、細胞医薬という革新的な医薬品の息の根すら止めかねません。
 ただし、それでは医療法というあいまいな法的な基盤で現在、臨床応用が進められている活性化リンパ球療法が正しいかというと、私は事業としてのリスクは増大していると考えています。リンフォテックが確認申請を取得、薬事法に基づく正式な臨床試験に入ろうとしていることが、細胞医薬という新しい市場を開拓する正攻法であると確信しています。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0873/
 暑さが戻りました。皆さん、今週もご自愛願います。
             Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
2011-08-03
BTJブログWmの憂鬱2011年08月03日、次世代がん研究戦略推進プロジェクト、5年の間には全ゲノム解析も可能に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0798/
----------------------------------------------------------------------------
2011-08-01    
BTJブログWmの憂鬱2011年08月01日、科学研究は年度の切れ目で切れるものではない、研究費の預け金問題は制度の欠陥にまで踏み込むべき
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0715/
============================================================================
ES/iPS研究の最前線記事を特集した
「BTJジャーナル」2011年7月号を発行・公開しました
BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
アカデミア向けの有料サービス「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 BTJジャーナル2011年7月号を先月末(7月25日)に発行・公開しました。BTJジャーナルは、全文を無料でお読みいただけます。ご一読ください。
 最新号(2011年7月号)のダウンロードはこちらから。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj1107
 “青”コーナー「リポート」は、ES/iPS研究の最前線の記事を特集しました。日本からも次々と成果が発表されています。ここ2カ月にBTJ/日経バイオテク・オンラインで報道した主な記事を7本まとめて掲載しました。森正樹阪大教授らはmi-iPS、山中伸弥京大教授らはGlis1で安全なiPSを作製しました。奥田晶彦埼玉医大教授らはc-Myc無しで多能性を維持し、理研オミックスはCCL2が万能性維持に重要と発見しました。
 以下のBTJ/日経バイオテク・オンラインの記事をもとに編集して写真も掲載するとともに一部、新たな情報も付加しました。
※BTJ/日経バイオテク・オンラインの関連記事
20日間でヒトES/iPS細胞の8割が肝細胞に、医薬基盤研とリプロセルが実用化へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0375/
理研オミックス領域、ケモカインCCL2がES/iPS細胞の万能性維持に重要、Stem Cells誌で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0283/
埼玉医大とJST、c-Myc無しでもES細胞が多能性を維持、MAPKとGSK3βの阻害剤添加が有効
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2008/0240/
iPSアカデミアジャパン、米CDI社の心筋細胞の日本での供給を契約
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/9591/
京大と産総研、転写因子Glis1で安全なiPS細胞を高効率作製
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/9576/
阪大の濱田博司教授ら、体の非対称性の起源解明に大きな一歩、再生医療の基盤へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/9326/
miRNAでiPS細胞を作製、阪大グループが成功
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/9325/
※2011年7月号(第67号)のコンテンツを目次にて紹介します。
BTJジャーナル 2011年7月号(第67号)
●CONTENTS
国立大学第1期中期達成評価、ES/iPS研究最前線、分子生物学会若手助成、女性科学者
P.2 アカデミア・トピックス
国立大学法人等の第1期中期期間
達成状況評価が評価委員会で決定
P.5 リポート
ES/iPS研究で次々と新成果
アカデミアから国産技術
P.11 キャリア
日本分子生物学会の若手助成
ロレアル-ユネスコ女性科学者賞
P.13 BTJアカデミック・ランキング
20日間でヒト肝細胞がトップ