インテルがローマを5:3で破りました。激戦です。長友選手はセリエAデビューを17分間でしたが、無事務め上げました。低い鋭いマイナスのパスは見事でした。パスを受けた選手が、下らぬスールーをしなければ、ひょっとしたら1点、入っていた可能性がありました。スナイデル選手との交代は耳を疑いました。凄いことです。後半投入とはいえ、スピードもローマのディフェンスを置き去りにするなどこれからが楽しみです。
 さて、バイオですが第二世代の抗体医薬として新たな抗体分子の誘導体に注目しなくてはならなくなりました。今まで、第二世代と言えば、糖鎖の修飾と毒素や抗がん剤を結合した抗体複合体に注目しておりました、抗体分子の新たな誘導体が近く我が国で臨床試験を開始することが判明いたしました。
 先週の記者会見で中外製薬はさらりと発表しましたが、抗インターロインキン6受容体抗体「アクテムラ」の後継品SA-237が、臨床試験に発表するという記事は重要です。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/6836/
 SA-237は中外製薬が独自開発した抗体誘導体です。アミノ酸配列を改変することによって、IL6受容体と結合したSA-237が細胞内のエンドソームの水素イオン濃度の変化によって、乖離し、エンドソームでのたんぱく質分解酵素の攻撃に耐え、再び細胞外に分泌されること(抗体のリサイクリング)によって、血中の半減期を延長することに成功した、長期作動性の抗体誘導体です。この修飾の原則を応用すれば、受容体と結合して、細胞内に取り込まれ代謝される抗体医薬の半減期を延長することを夢ではないと考えます。
 従来のバイオ医薬の血中半減期延長の手段はPEG化や糖鎖の結合本数の増加がせいぜいでしたが、抗体分子に関しては、新たな誘導体を遺伝子操作で改変し、リサイクリングを加速するというまったく新しい概念が応用できることを証明いたしました。今後、先行する抗体医薬の第二世代開発に利用される可能性が濃厚です。
 考えて見れば分子量15万の抗体分子は誘導体開発の可能性に満ちています。分子量1000程度の低分子とは比べられない誘導体が創出できるのです。今までは特異性向上や親和力の向上などに注目が集まっていましたが、抗原結合部位以外のアミノ酸配列の改変が、抗体分子が持つ多様な生物機能(ADCC、CDCC、体内動態、細胞内動態、他の細胞の認識機能、自己分子や他分子の会合など)の変更に繋がる可能性を、SA-237の臨床試験入りは示したと思います。
 中外製薬の研究陣に倣い、もう一度、抗体分子の誘導体の可能性をマニアックに検討すべきではないかと、真剣に思っております。
 どうぞ今週もお元気で。
                Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
2011-02-02    
BTJブログWmの憂鬱2011年02月02日、エーザイが米国にH3 Biomedicine社を創設、抗がん剤開発の基礎研究と同時に個の医療の追求を
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/6751/
----------------------------------------------------------------------------
2011-01-31    
BTJブログWmの憂鬱2011年01月31日、バイオ医薬開発で欧米に10年出遅れた原因は臆病さ、技術革新を取り込むためには”新しい皮袋が必要”とエーザイ・内藤社長
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/6625/
============================================================================
節目の年の意味合いや背景が浮き彫りに
バイオ識者の2011年新春展望を掲載
「BTJジャーナル」2011年1月号を発行・公開
BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
アカデミア向けの有料サービス「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 BTJジャーナル2011年1月号を先月末に発行・公開しました。全文を無料でお読みいただけます。お楽しみください。
 最新号(2011年1月号)のダウンロードはこちらから。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj1101
 巻頭の“緑”コーナー「アカデミア・トピックス」は今号では、2010年末に寄稿いただいたバイオ識者の「2011年新春展望」の一部を掲載しました。27人からお寄せいただいた中から、特に読者からのアクセス数が多く、かつアカデミアと関係が深い方々6人の寄稿文を掲載させていただきました。2011年は節目の年といわれますが、バイオとの関連でその意味合いや背景が浮き彫りになったといえそうです。2011年1月14日に都内で開催され、560人が集まったバイオ関連団体合同賀詞交歓会の写真も掲載しました。
 BTJジャーナルの誌面は、次のサイトでPDFファイルをダウンロードすると、全文をご覧いただけます。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 ぜひお楽しみください。
                          BTJ編集長 河田孝雄
※2011年1月号(第61号)のコンテンツを目次にて紹介します。
BTJジャーナル 2011年1月号(第61号)
●CONTENTS
新春展望 独Berlinサミット 上原賞 安藤百福賞
P.2 アカデミア・トピックス
バイオ識者の新春展望
バイオ賀詞交歓会に560人
P.7 リポート
BerlinでWorld Health Summit
京大や順天堂大の主催シンポも
P.10 キャリア
上原賞と安藤百福賞
P.12 BTJアカデミック・ランキング
2010年間アクセスTop50も発表
P.14 奥付け