現在、イスタンブールに滞在中です。ボスポラス海峡は霞んでおりますが、眼下に船が何艘も、黒海に向かって航行中です。ここがかってヨーロッパの中心であり、再び黒海交易の勃興により、新たな経済発展の胎動を示している理由が良く分かります。アジアとヨーロッパのまさに境目。イスラエルでもつくづく実感いたしましたが、今や国境を越えて人々が移動し、激しい文化や才能の混合が起こっています。
 アジアだ、ヨーロッパだなんて言っている状況ではないのです。しかし、こうした地球文明の波動から、日本は何故か鎖国しています。イスラエル政府は政府間交渉を続け、2国間の産業協力協定を結んでいます。既に欧州に加え、BRICS諸国などとも協定を締結していますが、「日本だけはまだ協定が結べない」とイスラエルMATIMOPの担当者が嘆いていました。また、欧米のICT企業に加え、韓国Samsung社や最近では中国Haier社まで工場や研究開発センターを進出させています。私のパソコンを駆動させているCPUもイスラエルのHaifaで設計されたものです。しかし、日本のICT企業の存在感は、イスラエルではまったくゼロであります。
 鎖国はかつては江戸幕府永続のためだったのですが、今は一体何のために鎖国をしているのかわからない?製造業資本主義で、ジャパン・アズ・ナンバー・ワンと持ち上げられたノスタルジーか?それとも我が国が160年かけて築き上げてきた既得権を守るためか?江戸幕府より悪いのは開国を決断する責任者が見えないことです。誰が悪者という訳でなく、日本人全体が精神的に鎖国しているのが問題です。勿論、既得権を排除し、自由競争を導入する改革は、参議院選挙で例え傷だらけになったにせよ民主党政権が第一に行わなくてはならないのですが、組合などの既得権にこの政党も絡め取られています。そこをばっさりと整理せず、消費税を議論したことに国民の怒りが参議院選で爆発したと思います。消費税を上げることを言ったことだけが問題ではないと考えております。
 民主党政権も、もう不評には慣れたでしょうから、この際思い切って、我が国と国民を開国する政策を打ち出し、連立を組むか、民意を問う手もあるのではないでしょうか?衆参ねじれ状態が続いては、日本はストップしてしまいます。このままではずるずるデフレを続けざるを得ない最悪の状態です。
 「Start-Up Nation」。リーマンショック後、最速で立ち上がり、尚急速に成長しつつあるイスラエル経済を記述した本です。リーマンショックの前に、経済の民営化を推し進めたイスラエル政府の賢さを学ぶべきです。そして若者にある危機感と起業家精神、誰もが失敗を恐れないやり直しの効く社会を我が国にも創り上げなくてはなりません。
 「おばあさんはアウシュビッツに収容されていた」と愕然とするような話も今回の取材で、少し打ち解けると聞くこともありました。できれば危機感が民族的緊張からではなく、未来に対する渇望から生じさせることを希望しています。鎖国に対する我が国の国民の受容は、一見幸せな状況から由来しておりますが、急速な少子高齢化、製造業の衰退、教育の荒廃、国際的な資源と食糧の値上がり、中進国との競争など、我が国のふやけた幸せを吹き飛ばしてしまう変化が押し寄せていることに気づかなくてはなりません。未来は安泰ではないのです。
 時はそれほど残されている訳ではありません。
 
 さて、コンセンサスエンジンにアクセスなさいましたか?
 当面は医師限定ですが、7月21日からこのバーチャルな議論を公開します。公開後1週間は質問も受け付けておりますので、医師の方はどうぞ下記よりご登録願います。「コンセンサスエンジン消化器がん」というのが、現在開発中のメディアの正式名称です。
https://bioce.nikkeibp.co.jp/consensusengine/
 今週も世界は動いています。皆さん、お元気で。
 どうぞ、今週もお元気で。
                
                Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
===========================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
2010-07-14    
BTJブログWmの憂鬱2010年07月14日、近親婚の多いベドウィン族の家系データから、
希少な疾患遺伝子を把握できる有利さも
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/2425/
----------------------------------------------------------------------------
2010-07-12   
BTJブログWmの憂鬱2010年07月12日、事実上わが国でもiPS細胞とヒトES細胞の
臨床研究の道が開かれた
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/2385/
============================================================================
注目研究領域のうち、日本が参戦できているのはわずか4割
文部科学省の科学技術政策研究所が「サイエンスマップ2008」で解析
「BTJジャーナル」2010年6月号に掲載
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
アカデミア向けの有料サービス「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 BTJジャーナル2010年6月号を先月末(6月25日)に発行・公開しました。
 “赤”コーナー「キャリア」は、文部科学省の科学技術政策研究所が発表した「サイエンスマップ2008」を取り上げました。論文データベースを分析して、世界で注目されている研究領域の動向を調べており、研究動向のダイミズムを浮き彫りにしています。2年毎に更新されるこの調査は今回が4回目。以下のBTJ/日経バイオテク・オンラインの記事をもとに編集しました。BTJジャーナルの記事は、PDFファイルをダウンロードすると全文をご覧いただけます。お楽しみください。
BTJジャーナル2010年6月号のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj1006
※BTJ/日経バイオテク・オンラインの「サイエンスマップ」関連記事
「世界の注目研究領域647のうち、日本の参戦はわずか4割」、文科省NISTEPが「サイエンスマップ2008」で解析
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1945/
文科省NISTEPが「サイエンスマップ2008」を発表、論文データベースから注目される研究領域を分析、生命科学系の比率は低下傾向
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1442/
■なお、上記の「BTJ/日経バイオテク・オンライン」の記事は全文を、リンク記事も含め全部ご覧いただくには「日経バイオテクオンライン」への申し込みが必要です。申し込みはこちらから。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/
 BTJジャーナルの誌面は、次のサイトでPDFファイルをダウンロードすると、全文をご覧いただけます。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 ぜひお楽しみください。
                          BTJ編集長 河田孝雄
※2010年6月号(第54号)のコンテンツを目次で紹介します。
●CONTENTS
科学技術白書 論文解析
日本栄養・食糧学会
サイエンスマップ2008
P.2 アカデミア・トピックス
「科学技術白書」で初めて論文解析を解説
P.4 リポート
徳島で日本栄養・食糧学会
アジアとの連携進める
P.12 キャリア
「サイエンスマップ2008」
P.14 BTJアカデミック・ランキング
「エピゲノムの新組織」がトップ
P.15 メルマガ「GreenInnovation」
水産バイオに賭ける函館市
P.16 奥付け