スカパーを除き、日本の放送局は本日早朝のサッカー・ワールドカップの3位決定戦を放映しておらず、ドイツがウルグアイに3:2で勝利したことを、インターネットで知るという寂しい状況です。しかし、ドイツの水族館のタコは今回も勝者を当てたのでしょうか?前回の個の医療メールで決勝戦いはドイツVSオランダになって欲しいと書いて、ドイツの蛸に負けてしまいました。スポーツライターとしての目は、どうやらなさそうです。これからもバイオと医療の専門記者を目指さなければなりません。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/pmn/mail_itiran.jsp
 蛸に教わる、人生の道、パエーリャで恩返し。問題はテルアビブに美味しいスペイン料理があるかですね。この際、味などどうでも良いかもしれませんが。 ワールドカップになると何をさて置いても現地に長期滞在し、我が国のプロテオミックス研究を滞らせてきた産総研の夏目先生も、今年はプロジェクトの最終年度を意識したため、お台場暮らし。うーんっと考え込んだ結果の、同氏の予想はスペインの勝利。今回は私もスペイン、イニエスタの天才とチームの成熟さに賭けます。
 このメールをお読みになる頃は、多分、無事にイスラエルに到着しているはずです。本心からそうなって欲しいと願っております。今回はイスタンブール経由で、テルアビブに向かいます。トルコ人が参加しているNPOをイスラエル軍が攻撃したため、トルコが断交することを検討中だと報道されています。断交したら、私はどうなるのか?極めて先が見えない状態です。まあ、なるようにしかならない。このメールも止むを得ず、1回位お休みするかも知れませんが、その時はご容赦願います。順調に行けば、来週のメールは黒海を眺めながら執筆しているはずです。
 
 皆さんはご存知でしたか?リーマンショック後、最も早く経済が立ちあがった国がイスラエルであったことを。今回はこうしたイスラエルの謎と、バイオ産業やバイオ技術の最先端をこってりと取材いたします。止めてと言っておりましたが、イスラエル政府が殺人的なスケジュールを組んでおり、それもいささか憂鬱の種です。昔、豪州政府とオーストラリアの各州州政府が、私を缶詰にして15分置きに取材を入れ、すっかり頭がウニになり、まともな記事を書けなかった経験を思い出します。私の取材企画意図に沿った取材先以外はきっと上の空で聞かなければ、脳を保護することができません。記者として老練になったというべきでしょうが、失礼の無いようにしなければなりません。ともあれバイオ先進国からの最新情報をご期待願います。
 さてバイオです。
 ヒト幹細胞臨床指針はパブリックコメントが終了、先週の木曜日の厚生労働科学会議技術部会で承認されるはずでした。指針案が、ヒトiPS細胞の臨床研究を自家に限定したことが外れ、他家由来の細胞でも可能となったことと、別の指針、の成立を前提にしていますが、ヒトES細胞の臨床応用の道を開いたことで画期的な変化というべきものでした。これによって、事実上、我が国でiPS細胞とヒトES細胞の臨床研究の道が開かれました。当面は勿論、安全性確保の臨床研究が主流になるため、"iPS細胞やヒトES細胞による再生医療が解禁された"と大騒ぎするべきものではありません。しかし、今まで折角基礎研究で世界をリードしても、倫理や社会的合意形成の壁という訳のわからない障壁で、科学者や医師、そして患者がもやもやせざるを得ない状況は変わりました。これから粛々と臨床研究を進めて行くことが肝心です。
 と書いたものの、私も部会員の一人でしたが、先週の技術部会では正式承認されていないのではないか?と思います。どうしても安全性確保のため、iPS細胞の他家応用は慎重に対応すべきだという委員が一人いたためです。従来、他家に対して、自家が安全であると考えられてきたのは、自分が感染しているもの以外の感染の可能性が低いこと、また自分の遺伝的なリスク以外のリスクにさらされる可能性が低いためです。
 しかし、iPS細胞には、自家由来の細胞でも多様性があることが問題となります。増腫瘍性などに関係するエピジェネティックスのパターンや染色体の安定性などに多様性があるため、このリスクを制御しなくてはなりません。むしろHLAが適合した品質管理されたiPS細胞の方が、エピジェネティックスや病原体の混入などに関して、自家より安全、もしくは同程度以上に安全であるというのが、京都大学の山中教授らが、ヒトiPS細胞の細胞バンク樹立に奔走している理由です。
 私も、現在の細胞の品質管理技術とエピジェネティクスの解析技術の進歩を考えると、自家だけ臨床研究を認めるのではなく、他家由来のiPS細胞の臨床研究も同時に慎重に進め、経験を積むべきであると考えています。皆さんはどう思いますか?第一、脊髄損傷など自家の細胞からiPS細胞を作っていては、細胞移植のタイミングを逸してしまう疾患も多いのです。
 現在、部会長預かりになっている改正版ヒト幹細胞の臨床指針を、早急に告示すべきだると思います。

 さて、そろろそ飛行機に乗る時間です。皆さんは投票してきましたか?私は早朝に老人に交じり、投票を済ませました。結果は分かりませんが、日本が元気になる一歩を招く選挙結果となることを期待しています。勿論、連立もありということです。
 どうぞ、今週もお元気で。
               
 
                Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
2010-07-07   
BTJブログWmの憂鬱2010年07月07日、やっと個人ゲノム解読サービスも米国で認知されるプロセスに
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/2308/
----------------------------------------------------------------------------
2010-07-05  
BTJブログWmの憂鬱2010年07月05日、中国政府が意欲を見せる国民皆保険、機能すれば新たなビジネスチャンスに
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/2236/
============================================================================
世界最長寿国の秘訣を食で探る
キーワードはエピジェネ、国際連携
日本栄養・食糧学会の注目発表を
「BTJジャーナル」2010年6月号で特集
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
アカデミア向けの有料サービス「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 BTJジャーナル2010年6月号を先月末(6月25日)に発行・公開しました。
 この6月号の青コーナー「レポート」では、5月下旬に徳島市で開かれた日本栄養・食糧学会の第64回大会での注目発表を特集しました。以下の22本の記事の中から、特にアカデミア系の注目発表9本を掲載しました。全文をご覧いただけますので、お楽しみください。
BTJジャーナル2010年6月号のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj1006
※BTJ/日経バイオテク・オンラインの日本栄養・食糧学会大会関連記事
続報、大阪市大の梶本修身教授がイミダペプチド戦略に言及、「市場に支持されるには第3者機関を設け自主基準を望む」
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1789/
奈良女子大の井上裕康教授ら、レモングラス精油はPPARγ依存でCOX2の発現を抑制、sirtuinアッセイのPfizer社vs.GSK社の話題も
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1707/
北大の原博教授ら、小豆や緑豆のペプチドに強い食欲抑制作用、CCK分泌活性は大豆を上回る
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1556/
カルノシン・アンセリン研究会がホームページを開設、過去の研究会講演要旨に分析法や代謝経路など公開へ、リンク企業や新着情報も募集
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1463/
大塚食品、栄養・食糧学会でマンナンを試食展示、妊婦の体重コントロールと繊維補給を訴求、病者用からダイエット食へ拡販
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1406/
ブロックバスターEPA・DHA製剤は血圧降下や脂質代謝改善の効果がEPA製剤に勝る、島根大医が武田薬品との動物実験成果を学会発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1395/
雪印乳業技研、SBT2171株使用“芳醇”ゴーダチーズのメタボ予防効果検証を進める、脂質改善、大腸炎抑制、免疫機能の改善効果を学会で3題
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1368/
「世界レベルの糖尿病拠点」目指す徳島クラスター、医療観光で上海にも徳島の魅力をPR
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1318/
「ヒストンコード仮説は第2の遺伝暗号、一番重要なのはヒストンのメチル化」、加藤茂明・東大分生研教授が栄養・食糧学会で教育講演
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1270/
ハウス、女子栄養大学と共同開発した「葉酸米」を学会で初展示
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1239/
食品機能学の阿部啓子・東大特任教授ら3人が皇居でご進講へ、荒井綜一・東農大客員教授が栄養・食糧学会の特別講演で紹介
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1238/
日本栄養・食糧学会の第64回大会が徳島で開幕、第65回大会は来年5月にお茶大で開催、「医師の比率を増やしていきたい」と次大会会頭の近藤和雄教授
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1228/
コーヒーの糖尿病予防効果の成果をAGFとポッカが栄養・食糧学会で連続発表、いずれも名大院生命農学と共同
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1206/
シジミ競争が発展、味の素がアラニンのサプリメント「ノ・ミカタ」のパッケージを更新、キャラクター「ヘタレさん」を全面に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0970/
キッコーマンと日本デルモンテ、ケルセチン配糖体高含有タマネギの健康効果検証を進める、ケルセチンがPPARαを活性化
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0961/
トクホの科学的根拠と生物科学的根拠の間の乖離を改めて確認、「野良犬のような自由な生活でも、運動の作用は確実」と鈴木正成・早大教授
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0766/
栄養・食糧学会で協和発酵バイオがオルニチン3題、シトルリン3題を発表、オルニチンはキリンと共同
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0700/
花王が遂に血圧高め対策のトクホ飲料を実現、ポリフェノールの効果を阻害する成分を低減したコーヒー
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0699/
日本栄養・食糧学会第64回大会の一般講演トピックスは29題、そのうちエピジェネティクス関連が5題を占める
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0687/
マイクロアレイデータからパスウェイを一度に見られる「Keggle」が近く公開に、ネスレのランチョンで加藤特任教授が紹介
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9887/
島根大医と島根県立大、介入1年間でDHA・EPA強化ソーセージの認知症予防と改善効果を確認
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8813/
写真更新、日本人の摂取ポリフェノールの47%はコーヒー、うち15%はネスカフェ、ネスレと近藤和雄お茶大教授らが調査
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8366/
BTJジャーナル2010年6月号のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj1006
■なお、上記の「BTJ/日経バイオテク・オンライン」の記事は全文を、リンク記事も含め全部ご覧いただくには「日経バイオテクオンライン」への申し込みが必要です。申し込みはこちらから。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/
 BTJジャーナルの誌面は、次のサイトでPDFファイルをダウンロードすると、全文をご覧いただけます。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 ぜひお楽しみください。
                          BTJ編集長 河田孝雄
※2010年6月号(第54号)のコンテンツを目次で紹介します。
●CONTENTS
科学技術白書 論文解析
日本栄養・食糧学会
サイエンスマップ2008
P.2 アカデミア・トピックス
「科学技術白書」で初めて論文解析を解説
P.4 リポート
徳島で日本栄養・食糧学会
アジアとの連携進める
P.12 キャリア
「サイエンスマップ2008」
P.14 BTJアカデミック・ランキング
「エピゲノムの新組織」がトップ
P.15 メルマガ「GreenInnovation」
水産バイオに賭ける函館市
P.16 奥付け