毎週金曜日のバイオテクノロジージャパン(BTJ)メールで編集部原稿を担当してきましたBTJ編集長の河田孝雄です。
 先月(2010年4月)からは、この金曜日のBTJメールは、第1金曜日と第3金曜日、それにたまにある第5金曜日に担当しております。今回は5月の第3金曜日なので、河田が編集部原稿を担当します。
 さて、今日金曜日からは3日間、徳島市で開催の日本栄養・食糧学会を取材します。日本医学会傘下の学会でして、医学系で栄養学系の研究グループが活躍なさっている徳島大学が、今春の大会を主催してます。
 今週は、来週火曜日(2010年5月25日)に発行・公開するBTJジャーナル2010年5月号の編集に大分時間をさいています。そこで、今回のメールも、ここ2週間ほどに報道した記事に【感想】を加えたものを、紹介させていただきます。
※ここ2週間のBTJ/日経バイオテク・オンラインの担当記事
プリマハムが食品アレルゲンのELISAキットの販売を7月に開始、日ハムと森永に続く
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1207/
【感想】食物アレルゲンの研究は、日本が世界をリードしています。その具体的な内容の記事をとりまとめ中です。
コーヒーの糖尿病予防効果の成果をAGFとポッカが栄養・食糧学会で連続発表、いずれも名大院生命農学と共同
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1206/
【感想】コーヒーが糖尿病に良いという論文は、臨床医学系の著名なジャーナルでもたびたび話題になっています。
三井情報、田口良教授と開発した脂質同定システム「Lipid Search」を商品化
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1204/
【感想】日経バイオテク2010年4月26日号に掲載したリピドミクスの特集記事の続報です。
NK活性を増強するR-1乳酸菌のヨーグルト、明治乳業が山形県舟形町と佐賀県有田町の小中学校で1年間調査研究へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/1184/
【感想】この1年間の調査研究にて摂取されるヨーグルトの量は、市販価格換算でおよそ1億円と計算できます。大型商品化を狙っていることが分かります。
シジミ競争が発展、味の素がアラニンのサプリメント「ノ・ミカタ」のパッケージを更新、キャラクター「ヘタレさん」を全面に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0970/
【感想】「ヘタレさん」キャラクターをぜひ、商品などにてご覧ください。
英QS社アジア大学ランキング2010、東大はシンガポールと香港に抜かれて5位に、阪大が京大の上位に、トップ200に日本勢は56校
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0963/
【感想】実は東大は、純粋な学術研究では各分野でトップなのですが、大学の国際化レベルなどの点で、日本の大学はハンデを負っていて、順位が下がってしまっています。
キッコーマンと日本デルモンテ、ケルセチン配糖体高含有タマネギの健康効果検証
を進める、ケルセチンがPPARαを活性化
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0961/
【感想】タマネギは体によさそうです。炒めると甘くなってまた別のおいしさになります。
5月末建物完成の次世代スパコンを活用する「生命動態システム科学」、公開シンポで提言相次ぐ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0911/
【感想】税金をつぎ込む次世代スパコンを、いかに活用していくかが、議論になっています。日本の2倍の性能のスパコンが、米国で日本よりも早く稼働することを今回、知りました。
トクホの科学的根拠と生物科学的根拠の間の乖離を改めて確認、「野良犬のような自由な生活でも、運動の作用は確実」と鈴木正成・早大教授
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0766/
【感想】運動の健康効果は抜群です。
「時間的近視」と「ミーハー的選択と集中」の問題をAIST浅井潔CBRC長が提起
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0765/
【感想】とても重要なメッセージと思い、紹介させていただきました。
栄養・食糧学会で協和発酵バイオがオルニチン3題、シトルリン3題を発表、オルニチンはキリンと共同
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0700/
【感想】オルニチン、シトルリンとも魅力的な機能性素材です。
花王が遂に血圧高め対策のトクホ飲料を実現、ポリフェノールの効果を阻害する成分を低減したコーヒー
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0699/
【感想】いつ商品化されるのか、早く味わってみたいです。
日本栄養・食糧学会第64回大会の一般講演トピックスは29題、そのうちエピジェネティクス関連が5題を占める
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0687/
【感想】エピジェネティクス研究会は、来週米子で開かれます。取材する予定です。
 上記のランキングの記事は全文を、リンク記事も含め全部ご覧いただくには「日経バイオテク」のご購読が必要です。申し込みはこちらから。
→ http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/
 最後に先月末に発行・公開したBTJジャーナル2010年4月号の内容を、目次にて紹介します。
●CONTENTS
国立大学法人の評価
研究機関ランキング
学会とトピックス
文部科学大臣表彰
P.2 アカデミア・トピックス
国立大学法人の評価が発の数値化
1位は奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)
P.5 リポート
日本の研究機関の世界ランキング
進化するhインデックス
P.9 キャリア
春3学会のトピックス比較
P.10 キャリア
文部科学大臣の科学技術表彰
P.12 BTJアカデミック・ランキング
国立がん研究センターが閲読トップ
P.13 メルマガ「GreenInnovation」
バイオリファイナリー