本日は、サッカーのナショナルチームの発表が予定されており、そわそわしております。南アフリカのワールドカップに送り出すチームの顔ぶれは一体どうなるのか?気になるところです。今でも監督を変えろという声があるチームですので、期待はまったくできませんが、恥ずかしくない戦いだけはしていただきたい。それにしても、オシム監督の病気さえなければ、日本のチームは"NIPPON STYLE"で世界に衝撃を与えた可能性があり、本当に惜しかった。指導者のビジョン次第で、世界は変わります。
 VW。これは自動車のことではなく、「Vision とhard Work」という標語で、京都大学iPS細胞研究所長の山中教授の座右の銘でもあります。本当はVHでも良いはずですが、講演上手の山中先生によるひとひねりですね。
 京都大学の第14番目の附置研究所として、5月8日、iPS細胞研究所が開所、披露されました。私も馳せ参じましたが、開所式の見学や祝賀会に患者さんと政治家の姿が目に付きました。今まで、大学の施設の祝賀会などで、票と力を誇示するために参加した地元の政治家を見ることは多々ありましたが、医学系の研究所でもこれだけ多くの患者団体が参加した祝賀会は誠に珍しい。
 センターから研究所に昇格したにも関わらず、英文名は従来通り、Center for iPS Cell Research and Application(CiRA)を維持しており、ここにも山中教授の頑固さがほの見えています。私もCiRAの名前は気に入っています。最後のAのApplicationに拘る山中教授のVisionが現れているためです。祝賀会に多数の患者さんがご出席なすったのも、iPS細胞研究の成果を患者さんに還元するという強い意志と、それを歓迎する患者さん達に好意の表れであると思います。
 ひょっとしたら日本の医学研究に今まで決定的に欠けていた患者さんの医学研究への直接参画する本格的な技術突破がiPS細胞で実現できる可能性を期待させる祝賀会でした。新しい日本が始まったのかも知れません。
 本来なら世紀の発明である初期化だけでもうノーベル賞は充分。初期化のメカニズムの追求を行い、論文発表を続けながら、長生きすれば良いという戦略を取っても誰も非難しない状況なのに、山中先生は真っ向から勝負し続けようとしています。本気でiPS細胞を創薬に結び付けたり、再生医療の開発につなげるべく、新研究所でも取り組んでいます。びっくりしたのはスクリーニングロボットを活用し、iPS細胞で開発した疾患モデル細胞を対象に新薬候補のスクリーニングを始めていました。勿論、背景には低分子化合物で、初期化する研究開発が一段落(これには後塵を拝しました)した結果、ロボットを転用することが可能になったという事情はありますが、それでも基礎研究に断じて甘んじないという山中先生の意欲が現れています。
 山中先生の本業である初期化研究も、iPS細胞やそれから分化誘導した細胞を医療に応用するために必須な標準化を追求することを目的としています。基礎と応用の区別など、ここではまったく意味をなしません。患者さんを治したいという強いモチベーションに支えられた基礎研究を実現する環境こそが新設なったiPS細胞研究所であって欲しいと心から願っております。
 ヒトiPS細胞が樹立されてからわずか、2年半で所員200人以上の5階建て1万へーほーメートル以上の研究所が実現しました。文科省もやれば出来るではないですか? 皆さんも是非とも、こうした科学の夢を現実にする本質的な技術突破を目指していただきたい。日夜、教科書が書き換えられている今のバイオの状況を考えると、これは誰でも可能なはずです。後はVWと自分を信じる良い意味の頑固さと運であると思います。どうぞご奮闘願います。
 ところで、どうやら日本人で最初の全ゲノム解析データが近く我が国の研究者によって発表される見込みです。中国と韓国の後塵を拝しましたが、今や人間のヒトゲノム解読はルーチン作業になりつつあるのです。こうした研究の一端も、6月11日午後に、品川で開催する次世代シーケンサーのセミナーでも発表される見込みです。新しい技術革新のチャンスをつかむためにも、時間を確保願います。私の取材では年内に5人以上の日本人の全ゲノム解析が公表されます。疾患関連遺伝子やバイオマーカーの研究開発は次世代に進んだと確信しています。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0698/
 今回のセミナーでは疾患探索遺伝子の次世代の探索研究の議論も行います。どうぞ下記のサイトからお早目にお申し込み願います。品川でお会いいたしましょう。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/seminar/100611/ 
 6月16日の標的医薬のセミナーの応募も開始いたしました。こちらもどうぞよろしく願います。 
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/seminar/100616/ 
 皆さん、今週もお元気で。
                
                Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事   http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
2010-04-28    
BTJブログWmの憂鬱2010年04月28日、日本人の全ゲノムシーケンスが年内にも発表される勢い
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0591/
----------------------------------------------------------------------------
2010-04-26    
BTJブログWmの憂鬱2010年04月26日、患者さんに希望を与えるためにも研究所は縁の下の力持ちにと、国立がん研究センター研究所新所長・中村氏
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0514/
============================================================================
国立大学法人の評価が初の数値化
86大学トップの奈良先端大(NAIST)学長のメッセージも掲載
「BTJジャーナル」2010年4月号に掲載
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
アカデミア向けの有料サービス「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 BTJジャーナル2010年4月号を先月末に発行・公開しました。巻頭の“緑”コーナー「アカデミア・トピックス」は、国立大学法人の評価が初めて数値化された話題を特集しました。
 文部科学省がこの数値を2010年度の運営費交付金の配分に反映しました。その金額は交付金全体の0.06%に過ぎませんが、数値化により大学間の比較・ランキング化が容易になり、メディアでも大きく取り上げられました。
 評価する仕組みのあり方が改めて問われています。評価がトップになった奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)の磯貝彰学長のメッセージも紹介しています。
BTJジャーナル2010年4月号のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj1004
 BTJジャーナルは、バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジンです。
※BTJ/日経バイオテク・オンラインの「国立大学法人の評価初の数値化」の関連記事
「罰則的に見える運営費交付金への反映は、いい影響は与えない」、トップ評価の奈良先端大の「学長通信」が話題に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0440/
数値化された国立大学法人の実績総合評価、2010年度運営費交付金の減額・増額のランキング掲載
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9796/
国立大学法人の実績総合評価が初の数値化、文科省が2010年度運営費交付金の配分に反映
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9795/
■上記の記事は全文を、リンク記事も含め全部ご覧いただくには「日経バイオテクオンライン」への申し込みが必要です。申し込みはこちらから。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/
 BTJジャーナルの誌面は、次のサイトでPDFファイルをダウンロードすると、全文をご覧いただけます。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 ぜひお楽しみください。
                          BTJ編集長 河田孝雄
※2010年4月号(第52号)のコンテンツを目次で紹介します。
●CONTENTS
国立大学法人の評価
研究機関ランキング
学会とトピックス
文部科学大臣表彰
P.2 アカデミア・トピックス
国立大学法人の評価が発の数値化
1位は奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)
P.5 リポート
日本の研究機関の世界ランキング
進化するhインデックス
P.9 キャリア
春3学会のトピックス比較
P.10 キャリア
文部科学大臣の科学技術表彰
P.12 BTJアカデミック・ランキング
国立がん研究センターが閲読トップ
P.13 メルマガ「GreenInnovation」
バイオリファイナリー
P.14 奥付け