東京ではもう八重桜が芽吹き始めました。小学校の頃、ザリガニを釣った清水谷公園の桜並木も一分咲きです。まだ、ソメイヨシノも散っていないのに、八重桜を愛でることができるとは。今年の春はまったく異常です。世の変わり目なのかもしれません。
 さて、変わり目といえば、DNAシーケンサーもいよいよ第三世代の実用化が迫ってまいりました。米Pacific Biotechnology社や米Applied Biosystems社、そして米Illumina社も、第三世代DNAシーケンサーを今年から来年にかけて発売する見込みです。
 ゲノム解析に大幅な時間短縮と価格崩壊を起こした、第二世代に比べて、第三世代は現状では必ずしもさらにスループットが増大するという訳ではありません。第三世代は1分子DNAシーケンスを可能としたことに意味があります。ゲノム解析の質的な革命が起ころうとしているのです。
 第二世代までには、シーケンスをするDNAをPCRで増幅する必要がありました。そのため、PCRによるバイアスがどうしても解析結果に影響してしまいます。極端にいえば PCRで増幅できないDNAはゲノム解析することができません。また、PCRが増幅し難い DNAも解析が困難になるという問題がありました。
 これに比べて、第三世代ではPCRで増幅する必要がないため、DNAのゲノム情報を穴なく解析できる強みがあります。ゲノム情報の質的な変化が起こるのではないかと考えています。今までのシーケンス技術では解析不可能であったゲノム構造が明らかにできるのではないか?と大いに期待しています。科学ではいつも起こることですが、観察手段が変わった瞬間に今まで信じられていた世界とはまったく違う生命像や世界観が誕生することがあります。今回も、名前は同じDNAシーケンサーですが、光学顕微鏡と電子顕微鏡の差と同程度のインパクトを生じる可能性があります。特にde novo (今までシーケンスされていない新規DNA解析)シーケンスなどには、相当な威力を発揮しそうです。
 ただし、第三世代が出たから第二世代は必要ないというのは全くの誤り。第二世代のスループットは捨てがたく、リシーケンスには不可欠です。また、転写解析やエピジェネティックスなど新しいアプリケーションも第二世代ではどんどん拡大しつつあります。結局、光学顕微鏡も電子顕微鏡を共に必要であることとまったく同じで、第二世代と第三世代は共に必要で、共存する装置となると確信しています。
 どうぞ皆さん、6月11日の午後、品川で現在、次世代シーケンサーのセミナーを開催いたします。新しい技術革新のチャンスをつかむためにも、時間を確保願います。
応募開始はまたこのメールでお知らせいたします。
 皆さん、お花見で風邪をひかぬよう。 今週もお元気で。
                
                Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
2010-04-07   
BTJブログWmの憂鬱2010年04月07日、患者の状態に基づき医薬や治療を選択する技術の実用化が始まった
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0105/
----------------------------------------------------------------------------
2010-04-05   
BTJブログWmの憂鬱2010年04月05日、我が国の科学が国際的に孤立しないためにも創造的な若者を育成する大学院を
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2007/0044/
============================================================================
世界シェア70%のベンチャー企業も登場
ハンガリー現地リポートを
「BTJジャーナル」2010年3月号に掲載
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
アカデミア向けの有料サービス「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 「BTJジャーナル」2010年3月号を先月末に発行・公開しました。
 “青”コーナー「リポート」は、ハンガリー現地リポート。東欧の美しい小国ハンガリーのバイオテクノロジーへの取り組みを、雪深い2月のブタペストを現地取材しました。金融危機の影響で経済の立て直しを迫られ、昔から得意としていた製薬・バイオ産業をいっそう強化する方針を打ち出しました。国外からの投資や優秀な人材を集める魅力的な産業セクターを目指しています。
 コンビナトリアルケミストリーの関連装置で世界70%のシェアを持つハンガリーのベンチャー企業も登場します。
 BTJジャーナルは、バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジンです。
 ハンガリーの現地リポートは2010年3月号P.5~8掲載の記事をご覧ください。
BTJジャーナル2010年3月号のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj1003
※BTJ/日経バイオテク・オンラインのハンガリー現地リポート関連記事
Codexis社、バイオ触媒による医薬品製造でインド、米国の2社と提携
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9073/
【解説】旧共産国でのバイオベンチャーの作り方inハンガリー
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8890/
ハンガリー国家開発・経済大臣、製薬バイオを経済の柱に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8705/
■上記の記事は全文を、リンク記事も含め全部ご覧いただくには「日経バイオテクオンライン」への申し込みが必要です。申し込みはこちらから。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/
 BTJジャーナルの誌面は、次のサイトでPDFファイルをダウンロードすると、全文をご覧いただけます。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 ぜひお楽しみください。
                          BTJ編集長 河田孝雄
※2010年3月号(第51号)のコンテンツを目次で紹介します。
●CONTENTS
最先端研究開発支援プログラム
ハンガリー現地リポート
ノーベル賞と事業仕分け
P.2 アカデミア・トピックス
最先端支援プログラムの
配分額は16億~50億円
P.5 リポート
ハンガリーのバイオ
投資呼び込みに人脈生かす
P.9 キャリア
2009年ノーベル化学賞と
大型放射光施設の事業仕分け
P.12 BTJアカデミック・ランキング
FIRSTプログラムが閲読トップ
P.13 専門情報サイト「FoodScience」
スコアNo.1の記事の意味