毎週金曜日のバイオテクノロジー(BTJ)メールで編集部原稿を担当しておりますBTJ編集長の河田孝雄です。
 今日金曜日午後には、今週月曜日のニュースで多くの方にお読みいただいている、研究者23万人の14学会が文部科学省に提出した「事業仕分け判定に関する要望書」の記者会見とパネル討論が東京大学の鉄門講堂で開かれます。追って報道します。
 ここ1週間ほどのBTJ/日経バイオテク・オンラインの記事からは、食関連のエディター・ライターの松岡真理さんがまとめたカナダ産アマニの記事をはじめ、トランス脂肪酸、医療経済研究・社会保険福祉協会の「食品機能と健康」のアンケート報告書など、食関連の注目記事を紹介させていただきます。
 「食品機能と健康」のアンケート報告書によると、機能性食品の研究開発を行っている企業のうち8割近くは、社外機関として「大学」と共同で開発を行っています。機能性食品の研究開発はアカデミアとの連携が深いことが改めて示されました。
 これら共同研究で得られた食品の機能性のエビデンスを、いかに消費者に伝えて、事業を成長させるか、強まる規制の中で、各社とも智恵を絞っています。
 いまマーケティング面で一番注目している機能性食品は、明治乳業が今週火曜日(09年12月1日)から地域限定で販売を開始した、多糖体を多く産生するブルガリア菌のヨーグルト「R-1」です。今後、東京などに商品が登場するに連れて、マーケティングの工夫の露出が増えるのではと、楽しみにしてます。
 注目の理由などについては、日経バイオテク・オンラインの記事として報道していますので、ぜひそちらをご覧ください。
※BTJ/日経バイオテク・オンライン報道のここ10日間の関連記事
医療経済研究・社会保険福祉協会、「食品機能と健康」のアンケート報告書を発表、消費者庁など4省庁に提出
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7305/
NITE、メタン生成古細菌による鉄腐食の機構をオミクスで解明
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7269/
「トランス脂肪酸の表示検討を指示」の福島大臣発表から2日後、菅野名誉教授がトランス脂肪酸の最新エビデンスを解説
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7247/
カナダ産アマの組み換え遺伝子検査命令でアマニ商品が品薄状態に、市場への影響広がる
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7246/
アミノアップ化学のオリゴノールに糖尿病予防効果、さっぽろバイオクラスターの成果を北海道情報大学の西平教授が英国で発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7249/
続報、研究者23万人の14学会、「事業仕分け判定に関する要望書」を川端文部科学大臣に提出、スパコンやSPring-8、ポスドクなど指摘、12月4日に記者会見とパネル討論
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7226/
年300億円超の「青」LG21に続け、明乳の機能性ヨーグルト大型商品第2弾目指すR-1は「赤」パッケージ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7165/
食品安全委員会がナノテクセミナーを12月11日開催、食品衛生学会発表の「ナノシリカは胎盤に集積して胎児の発育障害を誘発」との関連性にも注目
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7157/
「フードアイコン」の普及を目指す食品機能表示研究会が一般社団法人に、11月25日に総会開催
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7151/
分野ごとの賞金が5000万円の日本国際賞、2011年授賞対象分野の1つは「生命科学・医学」に決定、2010年の「生物生産・生命環境」受賞者は2010年1月発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7139/
写真更新、明治乳業、多糖体を多く産生するブルガリア菌のヨーグルトを地区限定で12月1日発売、広告展開に注目
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/7138/
■上記のBTJ記事は全文を、リンク記事も含め全部ご覧いただくには「日経バイオテクオンライン」への申し込みが必要です。申し込みはこちらから。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/
 ここで、メール原稿の締め切り時間になりました。
 最後に、先週発行・公開したばかりのBTJジャーナル09年11月号の内容を、目次にて紹介させていただきます。ぜひお楽しみください。
「BTJジャーナル」09年11月号のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj0911
 こちらの記事はPDFファイルをダウンロードしていただくと全文をご覧いただけます。
                         BTJ編集長 河田孝雄
※09年11月号(第47号)の目次
P.2 アカデミア・トピックス
行政刷新会議が事業仕分け
理研など厳しい評価相次ぐ
P.5 リポート
日本食品科学工学会第56回大会
宇宙日本食と長寿食が話題に
P.11 キャリア
国際化進める日本生物物理学会
科研費や最先端プログラムも熱気
P.13 BTJアカデミック・ランキング
最先端プロと事業仕分けが人気
P.14 専門情報サイト「FoodScience」
食中毒対策とリスコミ
P.18 広告索引