若者の活躍を見ると、元気になりますね。
 サッカーのイタリアプロリーグ、セリエ・アーのインテルvsパレルモの試合では、何と言っても若干18歳のフォワード、バロテッリ選手が光りました。
 自分に対するファールで取ったPKをエトーに譲ることでもめる程、傲岸不遜な若者です。ローマのトッティ選手からも「礼儀を知らない」と面罵されていますが、今は丸くなるよりも尖ることが重要。大人の選手が批判したり、技を封じたり、ピッチでなぎ倒したりしながら、彼を育てていかなくはなりません。
 インテルのモウリーニョ監督なら可能だと考えます。
 ガーナ移民の子としてパレルモで生まれたバロッテリが、故郷のパレルモと戦うことは、相当な思い入れがあったと思います。彼の活躍でインテルは前半だけで4対0と、元インテルの名ゴールキーパー、ゼンガ監督が率いるパレルモを一方的に押しまくりました。しかし、後半直後から手足に蕁麻疹!!が出たことをアッピール、バロッテリは退場しました。後で判明したのですが、新型インフルエンザに罹っていたのです。まるで子供、パレルモとの試合に出たいがために、きっと高熱を隠して頑張ったのでしょう。
 バロテッリは現在、チームから隔離されて、一人で生活しています。成長に必要な天からのお仕置きであるのかも知れません。しかし、有望な若者です。最近の草食系ばかりが増えた日本の男の子にも、こうした傲岸で自分の才能を信じる、元気の良い奴を待望したいと思います。大人が小さく丸くなったというのは良い訳になりません。今、日本は経済も文化も、そして社会も瀕死の状態に陥りつつあります。世界経済の底割れは近い。もう大人が役に立たなくなった今こそ、君たちの出番であると思います。我々は邪魔しないから、私たちの年金のためにも、頑張っていただきたい。
 バイオ界のセリエ・アー、はちょっとオーバーかも知れませんが、わが国のバイオビジネスコンテストの草分けである、バイオビジネスコンペジャパンの応募締め切りが11月4日に迫りました。
http://www.biocompe.jp/oubo/index.html
 
 今年も有望で、自信と使命感に溢れた若者(精神的若者も可)にお会いすることを楽しみにしております。今年で10回目、今まで50社以上のベンチャー企業を作り出し、100件以上の企業との共同研究を生んでいます。皆さんにとっても大いなる明日を開くチャンスです。
 バイオベンチャーはもう駄目、と近視眼的な見方をしているあなた。現在、我が国には第三波のバイオベンチャー企業の上場ブームが訪れていることを、知りませんね。また、今年5月、中国政府が大号令をかけて、バイオ産業育成に9000億円もの投資を決めたことも知らないのでしょうね。今後の世界の成長は、環境、医療・健康を軸に進みます。軍事技術を背景とした機械産業の勃興は、もう終末を迎えています。こうした仕組みは僅かに米中、イラン、北朝鮮に残存のみです。米国も大きく変わろうとしています。Obama大統領お保健医療改革や我が国の子育て支援などの「コンクリート(インフラ)投資よりも人間に投資」という新政策を新しい経済のエンジンとして機能させなくては、我が国が再び国際的な競争力を回復できないことを、私たちは認識し、理解しなくてはなりません。
その鍵を握るのが、バイオテクノロジーとベンチャー企業です。
 是非とも皆さんのシーズを基に、バイオビジネスプランを書き、ご応募願います。日本の次の成長を真剣に考え、手をさしのべようと言う人たちや企業がこのコンペを支援しています。
 バイオビジネスコンペ・ジャパンには簡単な応募用紙に、簡潔に記入していただければ応募できます。
 皆さんも、この文化の日にどうぞチャレンジ願います。 賞金総額は1000万円です。バイオビジネスコンペで評価を受けることで、新しい投資先や提携先を見つけるきっかけが生まれます。
 どうぞ下記より、一人でも多くの方にご応募いただきたく、お願いいたします。
http://www.biocompe.jp/oubo/index.html
 皆さんのご参加を心待ちにしています。   
              Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
PS
 ところで、そろそろ秋から冬にかけて学会シーズンを迎えますが、ランチョンセミナーを開催予定の企業関係者に提案です。Biotechnology Japanでは、皆さんが苦労して面白いセミナーを展開していることに注目しています。会場の成約でせっかくのセミナーをご覧になれる方はせいぜい200人止まり、しかもその半数はお弁当目当てというのは、いかにももったいない。
 Biotechnology Japanが提供するWeBridgeを使えば、会場に来れなかった研究者に、セミナー資料をもれなくお届けすることが可能です。現在までの実績では、平均400人以上のバイオ研究者がダウンロードしています。大手製薬企業や主要大学の意識の高い研究者や関係者がアクセスいたします。講師との調整などにも対応します。
 詳細は、btj-ad@nikkeibp.co.jp までお申し込み願います。
 
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
 
2009-10-28   
BTJブログWmの憂鬱2009年10月28日、厚生労働省研究班の発見したSNPsから究極のC型肝炎治療法が見えた
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6399/
----------------------------------------------------------------------------
2009-10-26    
BTJブログWmの憂鬱2009年10月26日、低出力、安全かつ持続力の長い電池としての微生物電池に注目
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6315/
 
============================================================================
世界の大学ランキングで日本の大学のランクアップ目立つ、
特にバイオ分野ランキングで東大と京大が大躍進、
BTJジャーナル09年10月号で特集
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
アカデミア向けのスペシャルサービス「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジン「BTJジャーナル」09年10月号を先月末に発行・公開しました。
 冒頭の“緑”コーナー「アカデミアトピックス」は今回は、英THE-QSの世界大学ランキング。ランキング情報を中心に5ページ掲載しました。
 THE-QSでは、アジアの大学の躍進が目覚しいと分析しています。特に分野別の「ライフサイエンス・バイオ医薬」では、日本の東京大学と京都大学が大躍進しました。この分野別ランキングでは、研究者の研究業績の客観的評価指標である、論文の非引用データが重要視されています。
 以下のBTJ/日経バイオテク・オンラインの記事を基に編集し、さらに詳しい情報も掲載しています。ぜひご覧ください。
※BTJ/日経バイオテク・オンラインの世界大学ランキング関連記事
Times世界の大学ランキング2009年版、トップ200大学数の国別順位は日本が3位、前年の6位から躍進
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6177/
Times世界の大学ランキング2009年版、Top600に日本は35校、慶早に続く私学は昭和、立命館、東海
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6108/
Times世界の大学ランキング2009年版、バイオ分野トップ50に日本は3大学、東大と京大が大躍進
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/5932/
Times世界の大学ランキング2009年版、Top200に日本は11校、慶大や早大、筑波大など躍進
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/5931/
■上記のBTJ記事は全文を、リンク記事も含め全部ご覧いただくには「日経バイオテクオンライン」への申し込みが必要です。申し込みはこちらから。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/
 BTJジャーナルの誌面は、次のサイトでPDFファイルをダウンロードすると、全文をご覧いただけます。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 ぜひお楽しみください。
                          BTJ編集長 河田孝雄
※09年10月号(第46号)のコンテンツを目次で紹介します。
P.2 アカデミア・トピックス
権威ある世界大学ランキング
35校入った日本の大学が躍進
P.7 リポート
「BioJapan 2009」を開催
2万4000人集まった横浜に熱気
P.10 キャリア
テロメアとリボソームに
09年ノーベル賞、予測的中も
P.13 BTJアカデミック・ランキング
大学ランキングで日本躍進がトップ
P.14 専門情報サイト「FoodScience」
最新のトピックス
P.15 バックナンバー目次