毎週金曜日のバイオテクノロジー(BTJ)メールで編集部原稿を担当しておりますBTJ編集長の河田孝雄です。
 今週は現在名古屋で開催されている2つの学会の話題を少しお届けします。
 昨日木曜日(9月10日)は、名古屋工業大学で開かれている日本油化学会第48回年会を取材しました。
 優秀論文賞受賞講演やオレオサイエンス分野の口頭発表が中心でしたが、質量顕微鏡や肺サーファクタントなどのポスター発表もあり、油の化学・科学というのは裾野が広いとつくづく感じています。先週の食品安全委員会で話題になっていたグリシドールについても、油脂に詳しい方々にお話しをうかがっています。
 今日金曜日(9月11日)は、名城大学で開かれている日本食品科学工学会第56回大会を取材します。当方だけでなく、食品の機能性の研究に取り組んでいる方々の中には、両方の学会をかけもちの方も多いのでは、と思います。追ってBTJのオンライン記事、BTJジャーナル、日経バイオテクの記事などに反映してまいりますので、ご覧ください。
 実はモバイルパソコンの調子がいまいちでして、ここでメール原稿の締め切り時間になりましたので、今回はここまでとさせていただきます。
 最後に、8月末に発行・公開した「BTJジャーナル」09年8月号(第44号)のコンテンツを目次にて紹介します。「大学は美味しい」と、iPS・ES、RNAなど最先端の話題を盛り込んでますので、ぜひお楽しみください。こちらの記事は全文を無料でご覧いただけます。
                         BTJ編集長 河田孝雄
P.2 アカデミア・トピックス
iPS・ES再生医療
注目記事を掲載
P.5 リポート
第11回日本RNA学会年会
新潟に350人集まる
P.8 キャリア
第2回「大学は美味しい!!」フェア
27校が出展して集客は10万人超
P.13 BTJアカデミック・ランキング
経産省と文科省の新課長と民主党
P.14 専門情報サイト「FoodScience」
英国発の有機食品論争
P.16 技術シーズ・レター
ライフサイエンス分野 Vol.5
P.22 バックナンバー目次