まずは皆さんにお知らせを。
 いよいよ6月19日に東京で開催するBTJプロフェッショナルセミナーの受付を開始いたします。今回のテーマは次世代シーケンサーのどう生かすか?技術開発の最新動向とシーケンサー拠点などのあり方も議論いたします。
 今回は有料ですが、間違いなくためになります。次世代シーケンサーがどんな事業やサービスを生むか、そしてそれがどう社会に定着するか?きっと皆さんとビジョンを共有できるはずです。どうぞ下記よりアクセスし、お申し込みをお急ぎ願います。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/seminar/090619/
 まだ5月ではありませんが、東京は素晴らしい五月晴れです。
 新緑が誠に美味しそうな季節となりました。
 今朝の官邸前の噴水の柳も青々と、風にゆらゆらと揺れていました。この風景はブログにも写真を後で掲載いたします。歴史的な風景となるはずです。
http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/
 本日午前開催された臨時閣議で、真水で15兆円の景気対策を盛り込んだ09年度の補正予算案を了承しました。国会で可決されれば、膨大な科学研究費が投入されます。2000年から始まったミレニアム計画に匹敵する科学技術バブルが再びやって来ることは間違いありません。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1720/
 上記の記事は、大学や公的機関の関係者に限定しますが、下記のBTJアカデミックで全文を読むことが可能です。500円玉一つで、1ヶ月BTJアカデミックの記事は読み放題ですので、是非ともご活用願います。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
 科学バブルの例は以下のようなものです。
 文部科学省は日本学術審議会に3000億円の資金を拠出、基金を今回の補正予算で創設いたします。この内、2700億円で1テーマ、5年間で平均総額90億円の科学研究を30件支援します。これくらいの金額があれば、わが国でも世界をリードする科学研究のメッカを作れます。但し、従来の大型プロジェクトのように、皆で分けて小分けに資金を投入するのでは、無駄遣いに終わることは明白です。
 一人の天才に90億円委ねるべきです。
 但し、天才といっても条件があります。健全な常識を持ち、チームをマネージメントできることです。しかも、明確な次の科学技術に関するビジョンを持つていることも必須条件です。しかも、5年間、嫉妬の渦にも平然とプロジェクトを進める鉄の意志も必要です。
 こうした条件を考えると、わが国に90人も該当者がいるのかな?と心細くなります。まあ、足りなければ外国から連れて来るという手もあるじゃないですか。
 09年度補正予算による科学技術研究費の投入を、科学バブルと皮肉りましたが、これはミレニアム計画が終了した時に、更に悪いことに国立大学法人化が重なり、事務費として大学が科学研究費の競争的資金から上前をはねたこともあり、大学の科学研究費のバブル崩壊が起こったことを、皆さんに想起していただきたいがためです。
 今回もし、こんなにも科学技術研究費に投入したのに、結局無駄遣いだったと国民に判定された場合、これが最後の科学技術研究費バブルになるのではないかと恐れています。学生数、大学院生数共に減少しつつある大学にもうこれ以上、期待できないと、短兵急に国民が思い、中でも両親が思い、学生の理科離れを加速することを心配しています。
 第3期の科学技術政策でも明示されていますが、この5年で国民に雇用や所得の向上、あるいは安心と安全でも構いませんが、何らかの価値を目に見える形で、科学技術研究費が生み出す必要があります。
 但し、何でもかんでも、企業でもできるような商品を作ることではありません。こうしたことは産学連携を通じて、その道のプロである企業に行っていただきましょう。工学部の先生にこの思い違いが多いので特に要注意です。
 大学や研究機関は、知の最前線を開拓し、知財を確保した上で、その価値を社会や企業に分かりやすく説明することが重要です。特に、知財を確保した上で....というフレーズが重要です。
 なんだか難しい、概念がこなれていない言葉で研究の成果を話しても、誰も皆さんの価値を認めません。昔は、「これは聞いた人の能力が劣っている」の一言で処理することができましたが、今は「話した科学者の能力が劣っている」の一言で評価されることになります。
 
 このメールの読者でも、45人程度は90億円の巨大プロジェクトに当る方がいると思いますので、くどく申し上げますが、科学技術研究の成果の価値や意味を社会に伝えるのは義務である、そしてその際に、知財をしっかり確保することも責務であります。
 説教臭くなって恐縮ですが、それだけ今回の科学技術研究費の投入は重要なのです。科学立国を可能にするか、私たちは分岐点に立たされています。
 今週もどうぞお元気で。
     Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
PS1
 さて、本日は皆さんのお知恵を拝借したい。
 塩野義製薬が、再び皆さんの技術シーズや創薬シーズを共同研究を通じて育み、皆さんの知恵を社会に還元することを加速するプログラム、シオノギ創薬イノベーションコンペ(FINDS)を、今年も開催いたします。
 今回は下記の15種の課題を解決する皆さんの知恵を塩野義製薬は求めています。
 応募期間は09年6月1日から6月30日午後5時まで。厳正な審査の結果、概ね10課題程度を選考、共同研究に着手いたします。研究費は1件当たり。200万円から500万円。研究資金も魅力的ですが、塩野義製薬の蓄積したノウハウや研究員と共同研究できるのもメリットです。大学だけでは実用化に繋がらない、その袋小路を突破する機会に、是非とも皆さんご応募願います。
 塩野義製薬は伝統ばかりでなく、ビッグファーマにライセンスした高脂血症薬が大型製品に成長、わが国の製薬企業としてオープンイノベーションに挑戦する余裕を生んでいます。詳細は下記よりアクセス願います。まだ応募までは時間がありますが、どうぞ練りに練った皆さんのアイデアやシードを応募願います。
http://www.shionogi.co.jp/finds/
 Biotechnology Japanは新しい知の創造を可能とするオープンイノベーションを積極的に支援いたします。塩野義製薬に続いて、BTJの読者の智恵を借りたいと希望する企業はどうぞご連絡願います。いつでも相談に応じます。
PS2
 皆さん、もう登録なさいましたか?2000人突破いたしました。
 環境資源エネルギー、そして農業に関係するバイオリーダーがそれぞれのビジョンを皆さんに直接お届けいたします。合わせて、BTJで報道された関連ニュースの見出しも提供、重要情報の見落としを、これで防ぐことができます。最近のホワイトバイオの動きは極めて急です。石油文明一辺倒だった世界が変わろうとしています。ご関心のある方はどうぞ下記からご登録をお急ぎ願います。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/green/index.html
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
 
2009-04-22   
BTJブログWmの憂鬱2009年04月22日、仏sanofi-aventis社が米BiPar Sciences社を買収
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1564/
----------------------------------------------------------------------------
2009-04-20   
BTJブログWmの憂鬱2009年04月20日、次々と投入される新薬を、本当に医療現場で使いこなせるのか?
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1504/
 
============================================================================
アカデミア・トピックスは、下村脩記念講演に4000人
リポートは、大学連携でバイオの研究力を高める米ジョージア州の現地取材リポート
キャリアは「いいともバイオインフォマティスト」第5回、カイコゲノムの
NIAS末次克行さん
BTJジャーナル09年4月号を発行・公開しました
BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジン「BTJジャーナル」2009年4月号(40号)を先週末に発行・公開しました。
 「BTJジャーナル」のPDFファイルを次のサイトでダウンロードして、ぜひお楽しみください。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 巻頭の「アカデミア・トピックス」。GFPの発見でノーベル化学賞を受賞した下村脩博士が3月に帰国し、母校の長崎大学や名古屋大学、それに東京、千葉などで相次いで記念講演を行いました。この話題をお届けします。GFPの研究に着手したきっかけは「まったくの偶然」というから驚きです。「今研究の拠点を選ぶなら、米国より日本」と下村博士。特に日本の理研に興味をお持ちでした。
 リポートは、世界最大級のバイオ展示会BIO2009を5月に控える米ジョージア州の現地取材リポートを掲載しました。金融危機のあおりで基幹産業が打撃を受ける中、バイオ産業の育成に注力しています。医薬研究の後方支援やバイオ燃料拠点充実など、バイオ研究力を高める大学連携から、米国の底力が垣間見えました。
 キャリアは、バイオインフォマティクスの研究仲間を次々と紹介してもらう「いいともバイオインフォマティスト」の第5回。カイコゲノムの論文を09年2月に発表した農業生物資源研究所昆虫科学研究領域の末次克行・主任研究員に、バイオインフォマティストの道を選んだ経緯をうかがいました。木工具の磨耗研究で学位を取ったが、D3(博士課程3年)の時、10年後を見据えて転身を決断しました。
 BTJジャーナルはPDFファイルをダウンロードしていただくと、どなたでも全文をご覧いただけます。ぜひお楽しみください。
                         BTJ編集長 河田孝雄
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
09年4月号(第40号)のコンテンツを目次で紹介します。
P.2 アカデミア・トピックス
下村脩博士の講演会に4000人
GFP研究のきっかけは偶然
P.4 リポート
米ジョージア州現地リポート
大学連携でバイオの力を蓄える
P.8 キャリア
連載「いいともバイオインフォマティスト」
第5回 末次克行・生物資源研主任研究員
P.12 BTJアカデミック・ランキング
トップ10に農芸化学会記事7本
P.13 専門情報サイト「FoodScience」
メディアパトロール
P.16 広告索引