満開になるまでは、やきもきさせた桜ですが、あっという間に東京では散り果て、今や桜木も新緑を纏うまで季節が進みました。通常は一拍間を置く八重桜も本日で満開、2度の花見の楽しみが奪われました。
 しかし、東京はこれからが見所を迎えます。銀杏の新緑を見ると何故か、世界的な不況を忘れ、元気になるから不思議です。生命力とは本当に凄いもので
 これに比べると06年に芽生えたiPS細胞研究はまだ萌芽段階で、皆さんが厚く支援しないと、成長も覚束ない状況です。ヒトiPS細胞が出来た07年末から正月にかけて「オールジャパン」で支援すると威勢が挙がりましたが、09年3月、既にそれに綻びが生じています。iPS細胞の標準化を行うプロジェクトの主力として、京都大学の提案が落選するという冗談のような状況が現出しました(JBICを通じて、安全で効率的なiPS細胞樹立技術には京大が参加していますが)。しかも、標準化を担うべき研究チームには京大ばかりか、文部科学省が認定した4拠点が共同研究を行っていない有様です。
 確かに予算の集中は良くない場合が多いですが、まだ良いiPS細胞を定義できていない状況で標準化を進めるならば、4拠点と共同研究し、最良のiPS細胞の解明と共に研究を遂行しなくてはなりません。
 もう既に理想のiPS細胞が樹立されたことを前提に標準化手技の開発だけを切り離したプロジェクトは機能しない、国費の無駄と考えます。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1251/
 さて、本日は皆さんのお知恵を拝借したい。
 塩野義製薬が、再び皆さんの技術シーズや創薬シーズを共同研究を通じて育み、皆さんの知恵を社会に還元することを加速するプログラム、シオノギ創薬イノベーションコンペ(FINDS)を、今年も開催いたします。
 今回は下記の15種の課題を解決する皆さんの知恵を塩野義製薬は求めています。
感染症/抗菌薬・抗真菌薬・抗ウィルス薬の創薬シーズ
メタボリックシンドローム/メタボリックシンドローム治療薬の創薬シーズ
アレルギー/アレルギー治療薬の創薬シーズ
組み換え蛋白質の発現・調整技術
迅速で大量検体処理能を有する新規アッセイ技術
創薬研究に有用な新規バイオアフィニティタグおよびその検出法
幹細胞の創薬への応用技術
バーチャルスクリーニングの精度向上
化合物の構造活性相関の評価をおこなう解析技術
ヒトの薬物動態の予測につながる評価系
生物活性低分子の標的蛋白質探索に関する新技術
バイオ医薬の創薬シーズ
バイオ医薬のデリバリー技術
蛋白の部位特異的な修飾法
次世代先端医薬品につながる創薬技術の新規提案
 応募期間は09年6月1日から6月30日午後5時まで。厳正な審査の結果、概ね10課題程度を選考、共同研究に着手いたします。研究費は1件当たり。200万円から500万円。研究資金も魅力的ですが、塩野義製薬の蓄積したノウハウや研究員と共同研究できるのもメリットです。大学だけでは実用化に繋がらない、その袋小路を突破する機会に、是非とも皆さんご応募願います。
 塩野義製薬は伝統ばかりでなく、ビッグファーマにライセンスした高脂血症薬が大型製品に成長、わが国の製薬企業としてオープンイノベーションに挑戦する余裕を生んでいます。詳細は下記よりアクセス願います。まだ応募までは時間がありますが、どうぞ練りに練った皆さんのアイデアやシードを応募願います。
http://www.shionogi.co.jp/finds/
 Biotechnology Japanは新しい知の創造を可能とするオープンイノベーションを積極的に支援いたします。塩野義製薬に続いて、BTJの読者の智恵を借りたいと希望する企業はどうぞご連絡願います。いつでも相談に応じます。
 今週もどうぞお元気で。
     Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
PS1
 皆さん、もう登録なさいましたか?2000人突破いたしました。
 環境資源エネルギー、そして農業に関係するバイオリーダーがそれぞれのビジョンを皆さんに直接お届けいたします。合わせて、BTJで報道された関連ニュースの見出しも提供、重要情報の見落としを、これで防ぐことができます。最近のホワイトバイオの動きは極めて急です。石油文明一辺倒だった世界が変わろうとしています。ご関心のある方はどうぞ下記からご登録をお急ぎ願います。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/green/index.html
 
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
 
2009-04-09   
BTJブログWmの憂鬱09月4月9日、オールジャパンは何処、NEDOのiPS細胞等幹細胞
産業応用促進基盤技術開発プロジェクトで京大が落選
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1251/
----------------------------------------------------------------------------
2009-04-08    
第3報、iPSアカデミアジャパン、iPS細胞樹立技術の非独占実施権をタカラバイオとリプロセルにライセンス
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1248/
----------------------------------------------------------------------------
2009-04-08  
続報、理研、AIDS治療薬のSJS防止を目指し、タイでDNA多型マーカの前向き臨床試験開始
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1245/
----------------------------------------------------------------------------
2009-04-07
東大医科研、理研など、アジア人種の慢性B型肝炎と関連するHLA-DP遺伝子座のバリアントを発見
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1186/
----------------------------------------------------------------------------
2009-04-06  
厚労省再生医療における制度的枠組み検討会、今年度は自家処理細胞の医療施設間移動を議論
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1187/
----------------------------------------------------------------------------
2009-04-06
国立健康・栄養研究所の理事長に徳留信寛・名古屋市大教授が就任
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1188/
 
============================================================================
情報の循環を改善するライフサイエンス統合DBプロジェクトが本格稼働
【創刊3周年】BTJジャーナル09年3月号のリポート記事をご覧ください。
BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジン「BTJジャーナル」09年3月号を先月末に発行・公開しました。
 “青”コーナーは、ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)の取り組みを紹介します。09年3月末には公開データベース(DB)の数は200を超えました。08年12月の生物物理学会とBMB2008のシンポジウムの内容を中心にお届けします。
 09年3月28日には福岡の日本農芸化学会で開催したランチョンの解説では、「統合データベースプロジェクトでは、ポータルサイト『統合ホームページ』(http://lifesciencedb.jp/)を中心に、DBに関する役立つ情報やツールを提供するとともに、生命科学の発展のため、研究の基盤となるようなデータがより多くの人に行き渡るデータ公開のあり方を、技術的な側面だけでなく制度面からも検討している」としていました。
 DBCLSは、事業内容の拡大に伴い、この春にも人員を拡充しました。3月24日現在でDBCLS全体で31人(うち、東京大学の浅野キャンパスの人員は26人)なのを、09年4月1日以降は36人(うち浅野キャンパスは31人)に増やす(人員には、リサーチアシスタント・大学院生の人数も含む)。
 文部科学省は、ライフサイエンス(LS)分野のデータベース(DB)を2011年度から一元化し、科学技術振興機構(JST)の運営交付金で恒常的に運営していく方針を固めました。文科省は、総合科学技術会議の主導で競争的資金で「LS分野の統合DB整備事業(LS統合DBプロジェクト)」を06年度に発足させましたが、5年間という期間限定のプロジェクトのため、2010年度で終了することになっていました。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
※統合DB関連のBTJ記事リスト
理研がDB構築基盤の公開基準をセマンティックウェブに統一、理研サイネスの運用を開始、統合DBにも活用
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1033/
日本農芸化学会の会長に清水昌・京大教授が就任、懇親会では「ゲノム科学はかなり熱心にやった」と有川節夫・九大総長があいさつ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0967/
DBCLSが農芸化学会でランチョン開催、河野研究員と大久保教授が講演
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0823/
文科省の09年度のバイオ関連予算、近く次世代シーケンス拠点の公募を開始へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8652/
文科省、LS統合DBはJSTの運営交付金で恒常的運営へ、本日の作業部会の議論を09年1月のLS委員会へ報告
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8327/
最後に09年3月号(第39号)のコンテンツを目次で紹介します。
P.2 アカデミア・トピックス
再生医療学会に1800人超
実用化目指し活発に議論
P.5 リポート
情報の循環を改善する
統合DBプロジェクト本格化
P.10 キャリア
08年ノーベル化学賞の
下村脩博士が記者会見
P.12 日経BP技術賞が決定
P.13 BTJアカデミック・ランキング
再生医療議連の提言案がトップ
P.14 専門情報サイト「FoodScience」
P.15 広告索引
 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードしてお楽しみください。パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 BTJジャーナルは、次のサイトでPDFファイルをダウンロードしていただくと(無料)、ご覧いただけます。オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルですので、ぜひお楽しみください。
                         BTJ編集長 河田孝雄