テポドン2号(飛翔体)の発射では、まったく翻弄されましたね。
 テニスコートの上も、大型ヘリコプターは行き交い、緊張を強いられました。本当に人工衛星かどうかはともかく、これで北朝鮮が大陸弾道弾を製造する能力があることは示威できたのではないでしょうか?前回の打ち上げの時に、米国本土がミサイルで攻撃される様子のポスターを米国で見たことがあり、内戦以外に戦場になったことのない米国国民のパニックぶりに驚いたことがあります。
 日本を安全保障条約によって、米国が守るかどうか、という議論は、こうした米国の恐怖心を考慮しない議論です。今後の国連での対処などを見守る必要があるでしょう。誰がどんな場合に、日本の真の友人となりうるか、私達の目利きも試されます。
 さて、試すといえば、サブプライムバブル破裂後のバイオ産業の行方を試すことが重要です。今まで、世界のバイオ産業を牽引してきた米国のダメージの程度と、その回復プロセスを見定めることが肝心です。製造業の中心が中進国や発展途上国に移動することが避けれらない現状で、米国はどんな戦略で産業を建て直すのか?
 そしてその戦略の中にバイオが占める位置は何なのか?
 オバマ新大統領に代わった米国連邦政府の有力ポスト人事はじわじわと進んでいますが、5月に米国アトランタで開催されるBIO2009では、米国建て直し戦略とその責任者、そして、バイオ産業が占める地位が明らかになると思います。今年のBIO2009は必見であると考えています。どうぞ皆さん、ご一緒いたしましょう。
http://convention.bio.org/
 大阪商工会議所が今年も恒例のBIO2009のツアーを募集中です。ジョージア州政府の全面的な支援の下、BIO後の視察も充実しています。私の最大の興味は、CDCの訪問です。感染症対策機関として発足したCDCは今や生活習慣病対策まで、幅広く米国民の健康の脅威を護る砦となっており、尚かつ最近は、その技術や情報を商業化するように変わっております。新型インフルエンザばかりでなく、肥満や糖尿病対策に関しても、ここから新しい智恵が誕生しつつあります。
 どうぞ下記より詳細をアクセスの上、お早めにお申し込み願います。 
http://www.osaka.cci.or.jp/b/bio2009_mission/ 
 本日はこれから、日経BP技術賞の授賞式です。
 今回は600万人の日経BP社の読者が選ぶ、日経BP技術賞読者対象を創立40周年記念として初めて選出いたしました。皆さんのご協力にも感謝しております。
 やはりというか、当然というか、京都大学山中伸弥研究室の「iPS細胞樹立技術」が、皆さんの投票によってダントツの一位となりました。
 我が国の、そして人類の未来を救うのは、やはりバイオであると確信いたしました。皆さんの今後のご奮闘にも大いに期待しています。
 今週もお元気で。春をご堪能願います。
      Biotechnology Japan Webmaster  宮田 満
 
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
2009-04-01 
BTJブログWmの憂鬱2009年04月01日、欧米ではすでにバイオが社会基盤に
埋め込まれている
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1060/
----------------------------------------------------------------------------
2009-03-30 
BTJブログWmの憂鬱2009年03月30日、「統合オミックス」の重要性
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/1004/
 
============================================================================
今日(4月6日)は、日経BP技術賞の授賞式が開催され、ヒトiPSで読者大賞を受賞なさった山中伸弥・京大教授にもご出席いただきました。
1800人が集まった再生医療学会をリポートしたBTJジャーナル09年3月号をご覧ください。
BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 今日(2009年4月6日)には都内で、日経BP技術賞の授賞式を開催しました。
※BTJのお知らせ記事(どなたでも全文をご覧いただけます)
09年日経BP技術賞が決定、大賞は神戸製鋼所の小型蒸気発電機、バイオ系部門賞は板谷光泰・慶大教授らの巨大ゲノム再構築技術、読者大賞はiPSの京大山中伸弥研究室
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0830/
 日経BP社の創立40周年を記念して創設された日経BP技術賞の読者大賞に選ばれた京都大学の山中伸弥研究室から参加いただいた山中教授に受賞の挨拶をいただきました。
 3月上旬に東京で開催された第8回日本再生医療学会総会の模様は、先月末に発行・公開しました「BTJジャーナル」09年3月号に記事を掲載しています。
 BTJジャーナルは、バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジンです。PDFファイルをダウンロードするとどなたでも記事全文をご覧いただけます。ぜひお楽しみください。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
※日本再生医療学会関連のBTJ記事リスト
再生医療学会、骨・軟骨再生医療に向けた標準化活動の進展を発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0485/
再生医療学会、細胞シート工学でシンポジウム、食道がん患者に対する細胞シート移植の臨床研究が良好な成績
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0466/
再生医療学会、名大、ニコン、細胞集団の形態を観察するシステムを利用した再生医療用ツールを提案
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0465/
再生医療学会、阪大、クリングルファーマ、なぜ肝細胞増殖因子が敗血症に効くのか
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0430/
再生医療学会、再生医療実現に向けた規制緩和に関する声明を発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0453/
再生医療学会、京大、幹細胞創薬研、相同組み換えでヒトES細胞を遺伝子改変、サイレンシング抑制に成功
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0400/

網膜色素変性症のiPS細胞を樹立した慶大医学部の坪田教授、「iPS細胞は究極のアンチエイジング細胞だ」
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/0250/
それでは最後に09年3月号(第39号)のコンテンツを目次で紹介します。
P.2 アカデミア・トピックス
再生医療学会に1800人超
実用化目指し活発に議論
P.5 リポート
情報の循環を改善する
統合DBプロジェクト本格化
P.10 キャリア
08年ノーベル化学賞の
下村脩博士が記者会見
P.12 日経BP技術賞が決定
P.13 BTJアカデミック・ランキング
再生医療議連の提言案がトップ
P.14 専門情報サイト「FoodScience」
P.15 広告索引
 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードしてお楽しみください。パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 BTJジャーナルは、次のサイトでPDFファイルをダウンロードしていただくと(無料)、ご覧いただけます。オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルですので、ぜひお楽しみください。
                         BTJ編集長 河田孝雄