昨日の全国高校サッカー選手権の決勝(広島皆実vs鹿児島城西)は近来希に見る好勝負となりました。
 10ゴール目をねじ込み、大会新記録を樹立した超高校球フォワードの大迫勇也がチームを牽引する城西に皆実がチームプレーで挑みました。結果は皆実が3:2で勝利、堅守を攻撃に素早く結びつけて競りがちました。下手なJ1の試合よりも手に汗を握りました。一人飛び抜けた才能がチームを機能させなくなる場合もあるのです。
 バイオでも、これからは天才の戦いですが、天才をサポートする天才も集めなくてはなりません。これは分子生物学だけでなく、法律や経済、経営でも世界と競争できる人材を育成しなくてはならないことを示しています。
 一人のバイオの天才を孤立させて事業は上手く成就するはずはないのです。
 結局ベンチャーといっても、その国の総合力の戦いだということです。
 大企業や官僚に才能や天才を集めて、国際競争力を得た従来のシステムが壊れたわが国では、活躍の場所を与えられず、埋もれている人材をベンチャーに開放する時が来たのです。かつてない不況を背景に起こる企業統合と人材の整理再編成が、それを否応もなく加速するでしょう。
 但し、それだけでは長期の展望はありません。
 人材採用支援企業のgusiness調査で、2010年春卒業予定の大学生を対象とした就職志望ランキングの1位は三菱UFJ銀行でした。あいかわらず大企業がずらりと上位に並んでいます。自分で起業する、もしくはベンチャーに参加するという質問すらないのかも知れませんが、わが国の若者の保守化は進行する一方だという印象が残りました。政府は大胆な若者を創り上げるために、教育と敗者復活のチャンスを醸成する社会制度を確立しなくてはなりません。年金制度や医療制度の崩壊は、老人の生活の危機ばかりでなく、若者のチャレンジ精神をも揺るがせる危険をはらんでいます。政府も私たちもしっかりしなくてはなりません。
 さて、年頭にも2009年最大の課題の一つは政府の産業特別会計の出資と民間の共同出資によるファンド・オブ・ファンド、イノベーション創造機構(仮称)の創設であると指摘しましたが、現在、紆余曲折を経ながら、経済産業省で制度設計が進められています。
 順調にいけば、2月頭にも法案が閣議決定され、現在開催中の通常国会に提出される見込みです。09年度の予算案には400億円(当初は500億円の要求でしたが、財務省の査定で100億円削減、2010年度にもう400億円の資金が確保できる見通し)が計上されました。
 問題は、この資金のどれだけの金額がバイオに投入されるのか?
 イノベーション創造機構が出資する子ファンドをどう選別するのか?
 昨今のオリックスの問題ではありませんが、利益相反をどう明確に排除するのか?
 上記の3点に関して明確な仕組みと説明を用意しなくてはなりません。
 中でも子ファンドの選定は、どうじてもハンズオン機能とバイオ投資での実績があるベンチャーキャピタルを選出することが重要となります。特に、複数の塩漬けされたバイオベンチャー企業を整理統合し、新しいビジネスモデルを創造するためには、ハンズオン機能が最も重要になることは強調しなくてはなりません。
 もしこれを欠くベンチャーキャピタルに資金を提供した場合、苦境に陥っているバイオベンチャーの再生ではなく、延命だけに資金を浪費してしまう可能性があり、この制度自体が国民からの指弾を受けるはめになることを恐れます。
 まだまだバイオは技術革新が波のように打ち寄せています。後ろ向きではなく、前向きの投資を今年できるか、我々の誠実さと智恵問われているのです。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8715/
http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/
 それにしても米国Merck社がとうとうバイオジェネリック(バイオシミラー)に進出するニュースを読むと、世の中が激変していることを感じます。当社が会長をしていた米国製薬工業協会の反バイオシミラー・キャンペーンは何だったのでしょ
うか?
 近く掲載する予定の米Genentech社の研究者とのインタビューでは、質量分析機によって、抗体の糖とたんぱく質の構造解析が見事になされており、今更、糖たんぱく質はバイオシミラーにならないという考えが、もはや時代遅れとなってしまったことを実感しました。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8761/
 是非とも皆さんと共に、激変の波を先見性と行動力を持ってを乗り切りたいと思います。Biotechnology Japanをどうぞご愛顧願います。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/BIO.jsp
 さあこれから、STAFFの賀詞交換会に向かいます。
     Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
ps
 ご意見ご感想は、ブログ「ウェブマスターの憂鬱」までお寄せ願います。
http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/
 
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
 
2009-01-07
BTJブログWmの憂鬱2009年01月07日、Bayer社のヒトiPS細胞特許に落とし穴
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8687/
-------------------------------------------------------------------------------
2009-01-05
BTJブログWmの憂鬱2009年01月05日、明けましておめでとうございます。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8649/
============================================================================
応募143件から採択されたのは24件、
BTJで昨年末から最も注目されている
スーパー特区(先端医療開発特区)を
解説図入りでリポート
昨年末発行のBTJジャーナル08年12月号を
ぜひお楽しみください。
BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジン「BTJジャーナル」08年12月号を先月末に発行・公開しました。
 連載「大学は今」の第12回は、今最注目のスーパー特区を解説しています。先端医療開発特区には応募143件のうち24件が採択と、2008年11月18日に発表されました。08年6月に閣議決定した「骨太の方針2008」に基づく革新的技術特区(スーパー特区)の第一弾です。
 直ぐに新たな予算が付く施策ではないのですが、研究資金の効率的な運用や、開発初期から規制当局側と協議できるなどの魅力があります。
 詳しくは、ただいま公開しているBTJジャーナル08年12月号P.2~5の記事「動き出したスーパー特区、規制改革に向けた議論も開始」をご覧ください。
※以下は、BTJのスーパー特区の関連記事です。第2パラグラフ以降は、日経バイオテク・オンライン(NBTOL)、あるいはBTJアカデミック(BTJA)の有料購読者の方々のみがご覧いただけます(ただし一部の記事はBTJAではご覧いただけません)。
 BTJジャーナル08年12月号はダウンロードするとでは全文を無料でご覧いただけます。
BTJジャーナル08年12月号のダウンロードはこちらから
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj0812
経産省の09年度バイオ関連予算、補正予算含め、幹細胞の基盤技術開発に20億円
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8651/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20058651
ジェイ・エム・エス、スーパー特区に参画して自家血清採取バッグを再生医療用医療機器として開発へ
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8598/
スーパー特区の3次元複合再生組織製品開発プロジェクト、3次元の骨、軟骨、複合型再生皮膚の開発目指してシンポ開催
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8599/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20058599
大日本住友製薬、脊髄損傷治療薬候補のセマフォリン阻害剤でスーパー特区に参加、実用化に期待
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8295/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20058295
理化学研究所、慶応義塾大学、研究・教育だけでなく資金獲得も目指した包括連携
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8244/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20058244
スーパー特区に採択されたナカシマメディカル、個別化人工関節の実用化を加速へ
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8092/
オンコセラピー・サイエンス、来年2月に抗がん剤の治験開始予定
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7934/
富士ソフト、東大附属病院、錦糸町に細胞プロセッシングセンター開設、採択されたスーパー特区制度に期待
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7784/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20057784
続報、スーパー特区に24プロジェクトが採択
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7742/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20057742
ライフサイエンス分野の規制改革を検討へ、甘利大臣が規制改革会議に指示
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7067/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20057067
スーパー特区、がん治療ワクチンの実用化推進で2グループが応募
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/6484/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20056484
訂正、スーパー特区の公募件数は143件に
NBTOL:https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5957/
BTJA:http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp?a1=1&jreq=btjnews&id=20055957
 「BTJジャーナル」のPDFファイルは、次のサイトでダウンロードしてください。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 08年12月号(第36号)のコンテンツを目次で紹介します。
P.2 「大学は今」第12回
動き出したスーパー特区
規制改革に向け議論開始
P.6 特集リポート
生物物理学会・BMB2008より
若手研究者の支援が焦点
P.10 論文被引用とキャリア
客観的評価とhインデックス
P.14 BTJアカデミック・ランキング
続報、スーパー特区採択がトップ
P.15 専門情報サイト「FoodScience」
ヨウ素取り過ぎ日本
P.16 BTJセミナー・レビュー
再生医療「産業化」への鍵
P.18 広告索引
 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードしてお楽しみください。パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 BTJジャーナルは、次のサイトでPDFファイルをダウンロードしていただくと(無料)、ご覧いただけます。オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルですので、ぜひお楽しみください。
                         BTJ編集長 河田孝雄
 ご意見などは以下のフォームから受付します。いただいたご意見を次回以降のBTJメールの中で、匿名で紹介させていただく可能性があることをご了解ください(紹介されたくない場合はその旨を明記しておいてください)。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html