現在、東京駅にある東北新幹線の待合室で、原稿を書いています。
 本日の東京はとんでもない陽気で20℃を超していますが、これから向う仙台の最高気温7℃とは10℃以上も高いのです。多分、駅前で飲み且美味しいものを食べて、最終便で東京に戻りますが、一体どんなコートを持っていくべきか、大いに悩むところです。折角の年の瀬と正月を風邪引きでは、情けなさが募るばかり。やや厚着で汗をかきながら待合室に辿りついたところです。北に向かう皆さんの厚着に心が癒されたところです。
 昨夜の世界クラブ選手権で、ガンバ大阪が世界3位になったのは立派です。また、エクアドルのリガ・デ・キトを相手に、英国のマンチェスターユナイテッドがレッドカードでセンターバックが退場したハンデをものともせずに、強固な敵ディフェンスを、Cロナウドとルーニーに天才二人のコンビでこじ開けたのは素晴らしい力攻めでした。
 
 英国のプレミアリーグは試合後に選手への取材が禁止されているため、試合直後にロナウドとルーニーがTVに出ることはありませんが、日本では自由なため、さんまさんが二人に「その脚を3ヶ月貸して」と滑りまくるというハプニングがありました。共に23歳の天才の素顔は本当にあどけなかった。やっぱりあどけなさの残る若者こそ、世の中を変える力があると確信しました。但し、才能と献身的な努力が必要ですが、我が国のバイオでもこうしたあどけない天才が自分の将来を信じて、切磋琢磨できる環境を整えなくてはなりません。自民党の無駄排除プロジェクトでポスドク支援を無駄だと言い切った議員の頭の中身こそ問題だと思います。もっとも粘り越しの官僚達は、TVカメラの前の見え透いたパフォーマンスに臆することなく、実は予算を確保しました。まだまだ、我が国にはさむらいがおります。
 2008年のScience誌が選ぶ、Science of the Yearに山中伸弥教授のiPS細胞が選ばれたのは当然ですが、本当は昨年、もしくはもっと目利きなら06年にも与えてよい称号だと思います。Science誌もやや保守的になったと思います。ひょっとして、第一報を他の雑誌(Cell誌06年8月10日、オンラインで)に掲載されたことを、悔やんだためかも知れません。
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2003/8393/
 いずれにせよ、08年の技術突破はiPS樹立技術の改善と疾患iPS細胞研究、更には、第2世代のDNAシーケンサーの普及であったと思います。1000人ゲノム計画やガンゲノム計画、メタゲノム計画など、次世代シーケンサーが、現在のトランスクリプトームやゲノム構造解析、エピゲノームなどの研究を抜本的に変えてしまう可能性を感じています。2年後にPacific Biosciences社のシーケンサーが実用化されれば、本当に1000ドルゲノムの時代がやってきます。そうなると個の医療の開幕も加速されることは用意に創造が着くことです。また、農林水産業など今まで知財化が困難だった生物そのものの特許も、DNA配列を特許申請書に盛り込むことができるため、検証可能となります。今後、発酵産業も含めた生物利用産業の工業化が進展する可能性があります。我が国も知財関係者が知恵を絞らなくてはなりません。いつまでも種苗法で権利保護していては、先端農業に資本や人材を吸引することが難しい。今や製造業のわが国での限界が明白となった以上、新たな製造業として生物利用産業を再構築すべきであると思います。これによって、わが国の地方の雇用を何としても守りたい。
http://venturebeat.com/2008/02/10/pacific-bio-lifts-the-veil-on-its-high-speed-genome-sequencing-effort/
 日本の美しい山河はそこで生活していた人々の営営とした努力と事業によって、実は護られていたことを、もっと皆さんは気がつかなくてはなりません。山が荒れれば、洪水が農村を襲い、下流の海の漁獲量(バイオマス)も激減させるからです。山間部や農村部に雇用を創出するために、バイオテクノロジーを総動員しなくてはなりません。
 そのためにも、世界最大の組換え農産物輸入国でありながら、国民はまだGMOを一粒も食べていないという幻想を抱かせている農水省と厚労省、そして文科省の責任は極めて大きいと思います。企業も既に組換えトウモロコシ由来の澱粉を食品に使わざるを得ない状況に来ていますが、これを正直に消費者に伝えることができない。まるで、事業リスクという時限爆弾を背負ってしまいました。
 09年最大の課題の一つがこうした愚民政策の打破にあると思います。取り急ぎ、農水省と厚労省は棚曝しにしている組換えパパイヤの早期認可を認めるべきではないでしょうか。この年始年末にハワイに押し寄せる日本人の観光客は彼の地で組換えパパイヤを喜んで堪能しています。偽装は止めて、正直に参りましょう。
 私の担当としては、今年最後のBTJ/HEADLINE/NEWSとなりました。この一年間、お付き合いいただき大変ありがとうございました。皆さんの事業や研究の発展と、ますますのご発展をお祈りいたします。
 どうぞ皆さん、良い年をお迎え願います。
 来年はきっと分かれ目の年となるはずです。心身そして頭脳の鍛錬をお忘れなく。明日に備える布石をどうぞ、この年の瀬にこそ打つように心がけてください。
            Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
 
2008-12-17
BTJブログWmの憂鬱2008年12月17日、“個の医療”における謎
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8382/
----------------------------------------------------------------------------
2008-12-15 
BTJブログWmの憂鬱2008年12月15日、国立高度医療センターを独立行政法人とする法案が可決
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8324/
============================================================================
BTJジャーナルで長寿の日本が誇る大豆食を特集リポート
兵庫県健康財団会長の家森幸男・京都大学名誉教授が制作を主導した「大豆のうた」、歌手グループのクッキーズが第8回国際大豆シンポジウムで披露
BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDF マガジン「BTJジャーナル」08年11月号を先月末に発行・公開しました。
 リポートは「大豆研究の最前線」。大豆は日本の長寿に貢献していると見られている食材。今回のリポートでは、11月9~12日に東京・新宿で開かれた第8回国際大豆シンポジウムで議論された大豆の健康効用の話題とともに、お届けします。
 11月11日夜開催のスペシャルディナーブッフェでは、兵庫県健康財団が04年に制作した「大豆のうた」を、歌手グループのクッキーズが披露しました。07年10月には英語版「Soy Song」も制作。22カ国から250人が参加した国際シンポでは、この英語版が中心に紹介され、英語版の歌を収録したCDも会場で配布されました。
 この曲の制作を主導したのは、兵庫県健康財団会長の家森幸男・京都大学名誉教授。世界保健機関(WHO)の心血管疾患疫学研究調査を世界の60カ国以上で実施し、日本人の長寿の秘訣が日本食にあることを見いだしました。
 詳しくは、ただいま公開しているBTJジャーナル08年11月号の「大豆研究の最前線」リポート記事にてご覧ください。全文を無料でご覧いただけます。
※以下の大豆関連のBTJ記事の内容をリポートに盛り込みました。
大豆胚芽パスタで糖尿病性胃不全まひが改善、プロスタグランジンD2シンターゼの発現をイソフラボンが誘導
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7650/
東京農工大、米Harvard大、ニチモウ、大豆発酵素材ImmuBalanceがアトピー改善、
ピーナツアレルギーに続く成果
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7597/
米Ausio社、大豆イソフラボンから合成したS-エクオールのフェーズIを08年夏開始、
アジア市場向け開発は日本の製薬企業と提携へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7525/
写真更新、イソフラボンの遺伝子領域や腸内細菌代謝の新知見、フジッコが第8回
国際大豆シンポで4題の成果発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7480/
続報、自給率22%を100%へ、国産ダイズ品種のゲノム解読に生資研・STAFF研で454 FLXが本格稼働
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5860/
 ただいまBTJジャーナル08年11月号で大豆研究の最前線リポート記事の全文を無料でご覧いただけます。ぜひご覧ください。
 「BTJジャーナル」のPDFファイルは、次のサイトでダウンロードしてください。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 08年11月号(第35号)のコンテンツを目次で紹介します。
P.2 連載「大学は今」第11回
東京大学医科学研究所の
論文偽造報道騒動を検証
P.5 特集リポート
第8回国際大豆シンポジウム
腸内細菌叢の個人差に脚光
P.11 ノーベル賞研究室とキャリア
菊地和也・大阪大学大学院教授
P.14 BTJアカデミック・ランキング
スーパー特区24件採択がトップ
P.15 専門情報ウェブサイト「FoodScience」
バナナダイエット事件の真相
P.18 広告索引
 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードしてお楽しみください。パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 BTJジャーナルは、次のサイトでPDFファイルをダウンロードしていただくと(無料)、ご覧いただけます。オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルですので、ぜひお楽しみください。
                         BTJ編集長 河田孝雄
 ご意見などは以下のフォームから受付します。いただいたご意見を次回以降のBTJメールの中で、匿名で紹介させていただく可能性があることをご了解ください(紹介されたくない場合はその旨を明記しておいてください)。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html