毎週金曜日のバイオテクノロジー(BTJ)メールで編集部原稿を担当しておりますBTJ編集長の河田です。
 先週、神戸で開催された「BMB2008」(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会、12月9~12日)はお楽しみになられましたか。
 今回は、12月9日夕方に開催された「日本分子生物学会 若手教育シンポジウム『今こそ示そう科学者の良心2008─みんなで考える科学的不正問題─』」の話題をお届けします。この若手教育シンポジウムは日本分子生物学会が主催し、共立出版が協賛して開かれまして、時間は90分だけでしたが、実りの多いシンポだったように思います。
※シンポジウムのプログラム
日本分子生物学会 若手教育シンポジウム
「今こそ示そう 科学者の良心 2008」
12月9日 18:00-19:30
主催:日本分子生物学会
協賛:共立出版
1)「論文調査ワーキンググループからの報告」
釣本敏樹・九州大学理学研究院教授
2)若手パネルディスカッション
石川善則・東北大学
依光朋宏・東京大学
池上徹・東京大学
金美善・東京医科歯科大学
青井貴之・京都大学
柿原研・神戸大学
洲崎悦生・九州大学
3)中堅~シニアパネルディスカッション
村松正實・埼玉医科大学
田中啓二・東京都臨床医学総合研究所
夏目徹・産業技術総合研究所
後藤由季子・東京大学
山中伸弥・京都大学
中山敬一・九州大学
 若手パネルディスカッション(7人が登壇)と、中堅~パネルディスカッション(6人が登壇)でどんな議論が進んだのか、12月25日夜に発行・公開する「BTJジャーナル」08年12月号で、紹介します。
 まずは次の2つの記事をBTJにて報道しました。日経バイオテク・オンラインの読者の方々は以下のリンク先から全文をご覧いただけます。BTJアカデミックからも、全文をごらんいただけます。
※BTJ記事
BMB2008若手教育シンポより、「複数の人が少し違う手法で同じ結果が得られるかどうかを確かめてから、発表している」と山中伸弥・京大教授 https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8376/
BMB2008若手教育シンポより、「捏造しないことには、大きなインセンティブがある」と夏目徹AISTチーム長
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8358/
 詳しくは、今月25日夜に発行・公開する「BTJジャーナル」08年12月号に、写真をたくさん入れた記事を掲載する予定ですので、ぜひお楽しみください。
 BTJジャーナルはPDFファイルをダウンロードしていただくと、どなたでも全文をご覧いただけます。
 BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 もう1つは、ライフサイエンス統合DBプロジェクト(LS統合DBプロジェクト)が、恒常的運用される方針が示されたという話題です。推進母体として07年度に情報・ システム研究機構(ROIS)内に設立されたライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)は、08年度末までに200DBの収録を目指しています。
 先々週に福岡市で開かれた第46回生物物理学会年会と、先週に神戸市で開かれたBMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会)では、LS統合DBの目的や狙い、統合化のもたらす意味やインパクトを紹介するシンポジウムがそれぞれ開かれ、いずれも立ち見で会場は埋まった。
※BTJ記事
文科省、LS統合DBはJSTの運営交付金で恒常的運営へ、本日の作業部会の議論を09年1月のLS委員会へ報告
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8327/
 そろそろメール原稿の締め切り時間になりました。最後に先週発行・公開した「BTJジャーナル」08年11月号(第35号)のコンテンツを目次にて紹介します。
※「BTJジャーナル」08年11月号の目次
P.2 連載「大学は今」第11回
東京大学医科学研究所の
論文偽造報道騒動を検証
P.5 リポート
第8回国際大豆シンポジウム
腸内細菌叢の個人差に脚光
P.11 ノーベル賞研究室とキャリア
菊地和也・大阪大学大学院教授
P.14 BTJアカデミック・ランキング
スーパー特区24件採択がトップ
P.15 専門情報ウェブサイト「FoodScience」
バナナダイエット事件の真相
P.18 広告索引
 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードしてお楽しみください。パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 BTJジャーナルは、次のサイトでPDFファイルをダウンロードしていただくと(無料)、ご覧いただけます。オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルですので、ぜひお楽しみください。
                         BTJ編集長 河田孝雄
 ご意見などは以下のフォームから受付します。いただいたご意見を次回以降のBTJ メールの中で、匿名で紹介させていただく可能性があることをご了解ください(紹介されたくない場合はその旨を明記しておいてください)。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html