フィギュアスケートのグランプリファイナル、ご覧になった方もきっと大勢いらっしゃると思います。思わずキムヨナ選手の転倒を祈っていた私が呪わしいですが、浅田選手は薄氷をわたり勝利を獲得しました。芸術点はキムヨナ選手が圧倒しており、トリプルアクセル2回と、キムヨナ選手の2回のミスが無ければ勝利は間違いなく、手からこぼれ落ちていたはずです。それにしても、身体を使った表現力の凄さは筆舌に尽くせぬものです。
 現場のレポーター達が「ゴーッという音を立てるほどの猛烈なスピードでキムヨナ選手が演技している」と驚嘆していましたが、あのスピードとあの柔らかさを両立させるところに、彼女の芸術性があると思いました。
 さて、バイオでもスピードとしなやかさが重要です。
 先週、国会で厚生労働省の国立高度医療センター(ナショナルセンター)を、2010年4月から、非公務員型の独立行政法人とする法案が可決されました。国立大学が独立行政法人となって、6年目の改革です。これでほぼ、国の官庁に所属している研究機能を持つ機関はナショナルセキュリティの関連を除き、独立行政法人化したことになります。
 今回、対象となった機関は、国立がんセンター、国立循環器病センター、国立精神・神経センター、国立国際医療センター、国立成育医療センター、国立長寿医療センターの6拠点。厚労省は先行して国立健康栄養研究所、医薬基盤研究所などを独立行政法人化しています。
 基本的には行政改革の一環で、数1000人の国家公務員を見かけ上削減できます。さらに今回の独立行政法人化により厚労省は、運営の自由度を与えて、創造的な研究を推進することができるメリットを上げています。
 国立大学法人ですら、実質的には文科省に急所(例えば退職金の引当金を交付金とすることによって、実質的に教官の定員にキャップをかけるなど)を押さえており、事務官を派遣しているため、自由度は思ったほどではなく、代わって容赦の無い運営費交付金の毎年の1%削減が課せられました。勿論、自ら助ける者を助けるべきだと私も思いますが、本当にこんなことになると大学人が自覚して、先手を打って大学経営改革を進めたとは思えない情況です。
 ナショナルセンターは、元々、国家的な要請に基づく疾病研究などを担う研究機関でもあり、国立大学法人よりも国家の意思を受ける機関であります。きっと大学よりも制約が強くなると思いますが、是非とも先手を打って、わが国の国民の健康と福祉に必要な科学研究を提案、国家の意思をより科学的、そして合理的に導く必要があると思っています。そうじゃなければ、今まで以上に研究テーマの制約が濃く、実質的に資金や自由度を減らしてしまう可能性濃厚です。
 是非とも国民の医学・医療を支える研究医療機関であることを、国民にもアッピールを受け、支持を集める体制も構築願いたいと思います。独立行政法人に成る結果、スポンサーが厚労省から、国民に代わるということが最も必要な意識改革であると思います。
 それにしても、当初、国立感染症研究所や国立医薬品食品衛生研究所まで、独立法人化すると議論が暴走しましたが、この2つの国民の安全と健康を護る研究機関だけは、決して独立行政法人化してはなりません。国民のセキュリティ確保は外交とともに中央政府の最低限の責任です。厳しくチェックはしなくてはなりませんが、ここには喜んで国税を投入すべきだと思います。
 
 東京は急速に冷え込み、神宮の銀杏並木もあっという間に坊主です。
 皆さんもどうぞご自愛願います。
                  Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満 
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
 
2008-12-10   
BTJブログWmの憂鬱2008年12月10日、BMB2008の会場より
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8242/
----------------------------------------------------------------------------
2008-12-08  
BTJブログWmの憂鬱2008年12月08日、スーパー特区の真実について
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8198/
 
============================================================================
ゲノムの解読が完了したダイズ
環境・食糧問題に加え個のヘルスプロモーションでも話題の
ダイズ種子(大豆)の研究を特集リポート
BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 米エネルギー省Joint Genome Institute(DOE JGI)は2008年12月8日、ダイズ・ゲノムの全ドラフト配列の解読を完了したと発表しました。環境・食糧・健康で重要な作物であるダイズと大豆(ダイズ種子)の特集記事を、「BTJジャーナル」の08年11月号に掲載しています。BTJジャーナルは、バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジンです。PDFファイルをダウンロートしていただくと全文をご覧いただけます。ぜひお楽しみください。
 「BTJジャーナル」のPDFファイルのダウンロードはこちらから。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 今回のリポートでは、11月9~12日に東京・新宿で開かれた第8回国際大豆シンポジウムで議論された大豆の健康効用の話題とともに、お届けしています。この国際シンポの日本での開催は今回が初めて。個々人の腸内細菌の違いによって、大豆イソフラボンの健康効用を得られやすい人とそうでない人がいることも明らかになってきました。ヒトのゲノムの違いが直接関与するのではなく、あくまでも共生している腸内細菌の性質の違いなので、この場合の個々人の差は埋める工夫も可能です。大豆イソフラボンの健康効果を得るのに寄与する乳酸菌など、プロバイオティクスの活用も期待を集めています。
 ダイズの研究は、ゲノム時代と環境・食糧問題など現在の社会の諸問題と密接な関係があり、さらには個の健康増進でも新たな展開が始まりました。バイオテクノロジーの最先端研究と社会との接点を考える上で象徴的な研究対象といえます。
※BTJのダイズ・大豆関連記事
海外発表、DOE Joint Genome Institute、ダイズゲノムの解読を完了、配列データを公開
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8274/
大豆胚芽パスタで糖尿病性胃不全まひが改善、プロスタグランジンD2シンターゼの発現をイソフラボンが誘導
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7650/
東京農工大、米Harvard大、ニチモウ、大豆発酵素材ImmuBalanceがアトピー改善、ピーナツアレルギーに続く成果
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7597/
米Ausio社、大豆イソフラボンから合成したS-エクオールのフェーズIを08年夏開始、アジア市場向け開発は日本の製薬企業と提携へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7525/
写真更新、イソフラボンの遺伝子領域や腸内細菌代謝の新知見、フジッコが第8回国際大豆シンポで4題の成果発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7480/
GM作物による農業収入増は年69億ドル、農薬使用量7.9%減に伴い環境影響は15.4% 減、ピアレビュー誌に論文掲載
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7286/
海外発表、Novozymes社およびSolae社、次世代大豆たんぱく質を開発するため提携
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/6923/
続報、自給率22%を100%へ、国産ダイズ品種のゲノム解読に生資研・STAFF研で454 FLXが本格稼働
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/5860/
 ただいまBTJジャーナル08年11月号で大豆研究の最前線リポート記事の全文を無料でご覧いただけます。ぜひご覧ください。
 「BTJジャーナル」のPDFファイルは、次のサイトでダウンロードしてください。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 08年11月号(第35号)のコンテンツを目次で紹介します。
P.2 連載「大学は今」第11回
東京大学医科学研究所の
論文偽造報道騒動を検証
P.5 特集リポート
第8回国際大豆シンポジウム
腸内細菌叢の個人差に脚光
P.11 ノーベル賞研究室とキャリア
菊地和也・大阪大学大学院教授
P.14 BTJアカデミック・ランキング
スーパー特区24件採択がトップ
P.15 専門情報ウェブサイト「FoodScience」
バナナダイエット事件の真相
P.18 広告索引
 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードしてお楽しみください。パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 BTJジャーナルは、次のサイトでPDFファイルをダウンロードしていただくと(無料)、ご覧いただけます。オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルですので、ぜひお楽しみください。
                         BTJ編集長 河田孝雄
 ご意見などは以下のフォームから受付します。いただいたご意見を次回以降のBTJメールの中で、匿名で紹介させていただく可能性があることをご了解ください(紹介されたくない場合はその旨を明記しておいてください)。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html