毎週金曜日のバイオテクノロジー(BTJ)メールで編集部原稿を担当しておりますBTJ編集長の河田です。今日は、福岡で開催の「第46回生物物理学会年会」(12月3~5日)の3日目です。
 昨日2日め時点で、参加者が1500人に達したとのこと、一般発表はすべてポスターなのですが、若手研究者らの活発な議論がいたるところで見られます。1週間前のメールで少し触れましたが、今回、学部学生の参加費は無料ということも、この活発な年会に大きく寄与しているのでは、と思います。
 来週の12月9~12日に神戸で開かれる「BMB2008(第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会 合同大会)」ともども、まずはBTJのオンライン記事にて報道しますので、日経バイオテク・オンライン/BTJアカデミックにて、ぜひご覧ください。その後追って、12月25日発行・公開予定の「BTJジャーナル」08年12月号にも記事とりまとめる予定です。
 BTJジャーナルはPDFファイルをダウンロードしていただくと、どなたでも全文をご覧いただけます。
 BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 今回の生物物理学会では、成果発表で利用された測定技術についてまずは、世界中でこの測定を行える研究室はどのくらいの数ありますか、ひょっとしてこの研究室だけではないでしょうか、といった類の質問をしたくなる案件が多いのが特徴です。
 条件をつきつめて職人技で新たな測定を実現する、というのは日本人の気質にも合っているのでは、と思います。
 先日、日本IBM科学賞を受賞なさった大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻教授の菊地和也さんにお話しをうかがうことができたのですが、モレキュラーの世界の“かけっこ競争”はしない、独自路線を貫くようにしている、というお話しをうかがい、なるほどと思いました。
 菊地さんにお時間をいただいたのは、「緑色蛍光たんぱく質(GFP)の発見と開発」で2008年のノーベル化学賞を受賞した3人のうちの1人、米University of California、San Diego(UCSD)のRoger Y. Tsien教授の研究室に1994年7月から1年間、博士研究員として留学なさった経緯・経験などをうかがいたいと思ったからです。ちょうど第22回(08年)日本IBM科学賞(化学分野)の受賞が発表になったばかりでしたので、その部分は先にオンライン記事(日経バイオテク・オンライン/BTJアカデミック)にまとめました。
 さらに、先週発行・公開したBTJジャーナル08年11月号P.11-13に、菊地さんのお取り組みの成果を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
 今回の日本生物物理学会でも、群青蛍光たんぱく質シリウスを創製したという、北海道大学電子科学研究所ナノシステム生理学研究分野の永井健治教授らの研究成果を昨日、興味深く拝見しました。発表なさったM2の友杉亘さんは、2時間以上にわたるポスターセッション中、ずっと、質問攻めに合っていたようです。
 ポスターセッションの良い点は、どの発表に人だかりがしているかが、傍目でよく分かるという点です。議論をさえぎらないように話しかけるタイミングがなかなか難しいのですが。
 この成果発表については、「北大の永井健治教授ら、群青蛍光たんぱく質シリウスを創製、デュアルFRETでHeLa細胞のアポトーシス観察」という見出しの記事をとりまとめ中です。のちほどオンライン記事(日経バイオテク・オンライン/BTJアカデミック)にて、ご覧いただければと思います。
 昨晩の生物物理学会年会の懇親会では、豊島陽子・東京大学教授が、若手奨励賞を発表なさいました。40人の応募の中から選ばれた5人と発表テーマは以下の通りです。
※第46回日本生物物理学会年会 若手奨励賞
・木村哲就氏 米Beckman Institute、California Institute of Technology 「蛍光エネルギー移動キネティクス測定によるACBPフォールディング機構の解明」
・田中秀明氏 大阪大学蛋白質研究所「ラット肝臓由来vaultのX線結晶構造」
・坂内博子氏 理化学研究所BSI(脳科学総合研究センター)発生神経生物「量子ドット1分子イメージングによる抑制性シナプス制御機構の解明」
・福間剛士氏 金沢大学FSO(フロンティアサイエンス機構)・JSTさきがけ「周波数変調原子力顕微鏡によるモデル生体膜上に形成された水和層の分子分解能観察」
・政池知子氏 学習院大学物理「F1-ATPaseをモデルとした1分子構造変化検出による酵素機能発現の理解」
 日本生物物理学会の年会は近年、若手研究者の参加が増え、4年から5年前に比べて1.5倍以上の参加者が集まっているとのことです。昨年12月に横浜で開催の第45回年会が1700人規模だったのに続き、今年も2日目の時点で1500人に達しました。
 学会の次期会長(任期は2010年度と2011年度)には、片岡幹雄・奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)物質創成科学研究科エネルギー変換科学講座教授が就任なさいます。現在会長の曽我部正博・名古屋大学大学院医学系研究科教授は、今後海外中でもアジアにおける日本生物物理学会のプレゼンスを高めるため、年会の口頭発表も英語にしていく方針を表明なさいました。すべてポスター発表である一般発表は今年、原則英語に決められました。「国際化に尽力していきたい。日本国内だとポストが限られるが、アジアは急速に伸びている。シンガポールは教員の8割が外国人だが、現在のところ日本人はわずか」と、曽我部教授は懇親会で今後の課題
としてお話しになられました。
 来年の第47回年会は09年10月30日から11月1日まで徳島文理大学で開催される。年会実行委員長は桐野豊・徳島文理大学学長・香川薬学部教授がお務めです。再来年の第48回年会は2010年9月22日から24日まで東北大学川内キャンパスで開かれます。年会実行委員長は鈴木誠・東北大学大学院工学研究科金属工学専攻材料理化学講座生体材料化学分野教授がお務めになられます。
 メール原稿の締め切りになりましたので、今日はここまでにさせていただきます。続きは、BTJオンライン有料記事「日経バイオテク・オンライン/BTJアカデミック」 や、BTJジャーナルなどでご覧ください。
※関連のBTJオンライン記事
生物物理学会の若手奨励賞5人決定で胴上げも、次期会長は片岡幹夫NAIST教授
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8143/
豊田中研、豊島陽子・東大教授ら、アクチン配向固定した光応答性アゾポリマーの表面でミオシンの運動を観察
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8107/
世界トップ50大学の半数が導入、発売して4年のエルゼビアScopusの普及進む、h指数の掲載も魅力
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/8017/
GFPでノーベル化学賞のTsien研究室に留学した菊地和也・阪大教授が日本IBM科学賞を受賞
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7786/
 最後に先週発行・公開した「BTJジャーナル」08年11月号(第35号)のコンテンツを目次にて紹介します。
※「BTJジャーナル」08年11月号の目次
P.2 連載「大学は今」第11回
東京大学医科学研究所の
論文偽造報道騒動を検証
P.5 リポート
第8回国際大豆シンポジウム
腸内細菌叢の個人差に脚光
P.11 ノーベル賞研究室とキャリア
菊地和也・大阪大学大学院教授
P.14 BTJアカデミック・ランキング
スーパー特区24件採択がトップ
P.15 専門情報ウェブサイト「FoodScience」
バナナダイエット事件の真相
P.18 広告索引
 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードしてお楽しみください。パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn
 BTJジャーナルは、次のサイトでPDFファイルをダウンロードしていただくと(無料)、ご覧いただけます。オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルですので、ぜひお楽しみください。
                         BTJ編集長 河田孝雄
 ご意見などは以下のフォームから受付します。いただいたご意見を次回以降のBTJメールの中で、匿名で紹介させていただく可能性があることをご了解ください(紹介されたくない場合はその旨を明記しておいてください)。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html