現在、福岡の国際会議場で日本動物細胞工学会の第21回国際会議に参加しています。
 
 現在、iPS細胞のセッションですが、世界中でiPS細胞やヒトES細胞の研究が進んでいます。昨日はポルトガルのグループがヒトES細胞の大量培養技術を発表し、ブラジルの研究者がパーフュージョン培養を発表するなど、先進国だけでなく中進国の研究者も積極的にこの分野に参入してきています。
 残念ながら我が国ではiPS細胞という技術突破を世界に先駆けて行っていながら、これを世界に普及するための工学的な研究が進んでいるかというと、極めて疑問です。細胞の標準化、そしてコストエフェクティブな大量生産システム、さらに再生医療にも応用可能な細胞を、供給するGMP生産システムの開発を急がなくてはなりません。
 
 11月26日の今年最後のBTJセミナー「再生医療成功の鍵」を企画したのも、こうしたiPS細胞の工業化研究を刺激することも目的です。そのためにも、09年1月に保険適用される可能性が濃厚となってきた、世界で最初に規制当局から商業化を認められた再生医療から学ぶ必要があると思うのです。
 
 今回は自家培養皮膚のGMP生産の商業化に成功したジャパン・ティッシュ・エンジニアリングの経験を取り上げて、再生医療の産業化の鍵は何か議論いたします。勿論、鍵を握っていた医療機器としての適格性を精査した規制などについても議論いたします。
 
 11月25日でウェブでの申し込みを締め切ります。
 
 若手研究者(学生、大学院生、ポスドク、助教)をスポンサーのご厚意で無料招待もしております。どうぞ下記をご覧願います。
http://bio.nikkeibp.co.jp/bio/seminar/081126/ 
 
 さて、福岡の国際会議のもう一つの焦点だったのは言うまでもなく、CHO細胞の大量培養による抗体医薬の製造方法の改良でした。今回は抗体医薬のトップ企業である米Genentech社の研究者も来日、取材することに成功しました。同社に加えて協和醗酵キリンも、スケールダウンを問題にしていました。
 
 スケールアップではなく、スケールダウンであるところがみそです。
 
 実は、組換え抗体の製造方法の鍵を握るのは、どの組換え細胞株を工業生産に利用するのか? という選抜方法にあります。多数の組換えCHOクローンから工業生産に最も適合した株を見出すのは簡単ではないのです。しかも、いちいち2リットルのスケールまで培養をするのも、時間も費用もかかり不可能です。
 
 この問題を解決するために、24ウェルのプレートを活用し、しかも細胞数や抗体の生産性を自動計測して、細胞選抜を最適化しようというのが、Genentech社や協和醗酵キリンなど最先端の抗体医薬企業の狙いでした。詳細は、日経バイオテクオンラインで報道いたしますので、どうぞ楽しみにしてください。
 
 Genentech社は現在、新しい抗体医薬の製造・開発施設を拡張中ですが、その住所はなんと、1 Antibody Way ,Oceanside, CA92056。全く恐れ入りました。抗体通り1番地とはまったくGenentech社らしい。ウェブサイトでもwww.gene.comを確保した同社ならではのパイオニア精神と子供のような貪欲さに、我々も対抗しなくてはなりません。
 
 現在、高崎市に協和醗酵キリンは抗体工場を建設中ですが、是非とも抗体盆地1番地ぐらいの名前をつけて見てはいかがでしょうか?
 
 明日、BTJプロフェッショナルセミナーの会場で、お会いすることを楽しみにしております。
 
            Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
PS 
 バイオビジネスコンペJAPANの締め切りが11月28日金曜日まで延期されました。
 
 賞金総額1000万円を越える我が国最高のビジネスコンペが、今年はあなたにもチャンスがあるかもしれないということです。
 
 ポイントは科研費の申請では無く、皆さんの技術シーズに基づいたビジネスプランだということです。どこにアンメットニーズがあり、この技術なら事業の関門を突破でき、新たな市場を開けるというった展望を簡単におまとめ願います。
 
 このコンペは応募者からの相談に専門家が応じる機会もあります。ベンチャー創業が希望か?技術移転が希望かも、明確にお示し願います。 どうぞ下記より詳細にアクセスの上、ご応募願います。
http://www.biocompe.jp/oubo/index.html 
 
============================================================================
<<BTJブログWmの憂鬱>> 
最新一週間の記事  http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
============================================================================
 
2008-11-19
BTJブログWmの憂鬱08年11月19日、自家培養皮膚の保険収載が成される可能性が濃厚に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7783/
 
-----------------------------------------------------------------------
2008-11-17
BTJブログWmの憂鬱08年11月17日、ポスドク支援は自民党にとっては無駄なのか?
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7715/
 
============================================================================
開発したツールが部門別で世界人気No.1、舟橋啓・慶大専任講師はトップダウンとボトムアップの重なりでシステムバイオを新展開
BTJジャーナルのダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 
 バイオ研究者のスキルアップやキャリアアップに役立てていただきたい月刊のPDFマガジン「BTJジャーナル」08年10月号を、先月末に発行・公開しました。
 最前線で活躍するバイオインフォマティストに次々と仲間を紹介してもらう「いいともバイオインフォマティスト」は今回が第4回。第3回に登場していただいた理化学研究所オミックス基盤研究領域の川路英哉さんの紹介で、慶應義塾大学理工学部に舟橋啓さんを訪ねました。
 すでに舟橋さんのグループは、システムバイオのツールの開発で、世界に多大な貢献をしています。Nature Biotechnology誌07年4月号では、ソフトウェアツールの1位に「CellDesigner」、開発用ツールの1位に「libSMBL」と、舟橋さんらが開発の中心にいるツールが2つも、1位に選ばれました。
 このうち「CellDesigner」は、生化学ネットワークウェア。絵の描き方に特徴があり、分子の状態の変化を矢印で表すものです。「ぱっとみて矢印が何を意味しているのか、回路図のように分かるようにした」と舟橋さん。08年8月下旬のスウェーデンの国際会議の直前にバージョン4.0をリリースしたばかり。ユーザー数は1リリースで2000くらいで、これまでダウンロード数はトータルで2万8000以上の実績を誇ります。
※BTJ記事
舟橋啓・慶大専任講師、開発したツールが世界で人気No.1、トップダウンとボトムアップの重なりでシステムバイオを新展開
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2005/7899/ 
 
 記事全文と説明図はBTJジャーナル08年10月号P.11-13でご覧いただけます。
 
BTJジャーナル08年10月号はこちらからダウンロードしてください。
http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/index.html#btjj0810 
 
 BTJジャーナルは、無料で全文をご覧いただけるオープンアクセス対応のジャーナルです。ぜひ、お楽しみください。
 
 「BTJジャーナル」のPDFファイルは、次のサイトでダウンロードしてください。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 
 08年10月号(第34号)のコンテンツを目次で紹介します。
 
P.2 連載「大学は今」第10回
権威ある世界大学ランキング
日本の大学は35校がランクイン
 
P.7 特集リポート
日本が牽引する疲労の科学
脳の分子イメージングが鍵
渡辺恭良・理研センター長・大阪市大教授
 
P.11 連載「いいともバイオインフォマティスト」
第4回 舟橋啓・慶應義塾大学専任講師
 
P.14 BTJアカデミック・ランキング
論文の被引用の関連記事が人気
 
P.15 専門情報ウェブサイト「FoodScience」
中国産野菜でまた被害
 
P.16 BTJプロフェッショナルセミナーReview「Gateway開発記念10周年シンポジウム」(9月2日開催)

P.18 BTJプロフェッショナルセミナーReview「次世代シーケンサーが変えるバイオ研究の未来」(9月18日開催)
 
 ぜひ「BTJジャーナル」をダウンロードしてお楽しみください。パソコンでご覧いただくと、リンク先の情報もすぐに入手できます。プリントアウトをお読みいただくなら、カラーをお勧めします。
 
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn 
 
 BTJジャーナルは、次のサイトでPDFファイルをダウンロードしていただくと(無料)、ご覧いただけます。オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルですので、ぜひお楽しみください。
 
                         BTJ編集長 河田孝雄
 
 ご意見などは以下のフォームから受付します。いただいたご意見を次回以降のBTJメールの中で、匿名で紹介させていただく可能性があることをご了解ください(紹介されたくない場合はその旨を明記しておいてください)。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html