上村愛子、5連勝でワールドカップ年間種目別王者決定。
 
 おめでとうを百回申し上げても、この偉業を称えることはできません。やっと探し当てたCTVで、彼女の滑りを見ました。今回のコースは非情に堅く、私だったらものの10秒も持たず、エッジが滑ってコースアウト間違いなし。それなのにあれだけ早く的確なターンを織り交ぜ、しかも途中でヘリコプター(ジャンプの名称)やスキーをクロスしながら宙返りまで完璧にこなしてしまう。長野オリンピックの時はアイドルだった上村選手がここまで逞しく成長したことに感無量です。得点が伸びない、怪我でシーズンを棒に振る、およそあらゆる困難を乗り越えた勝利です。わざとらしい「イェーイ」という勝利の雄叫びにも、恥じらいとTVやファンへの気配りを感じて好感度を増しているのは、単にファン心理だけとは言い切れないものがあります。
 まずは、わが国の再生医療のチャンピョンである神戸がBTJと共同開催した再生医療のセミナーのプレゼン資料を無料でダウンロードできるWebRidgeのご案内です。本当に最先端を一目にしてしることが出来ます。どうぞ下記からダウンロード願います。
https://inq.nikkeibp.co.jp/inq/QuestionnaireWhprMainForm.do?itemid=A_00000308 
 
 さて、バイオです。
 
 先々週と先週、神戸、熊本、そして名古屋の日本再生医療学会で取材を行いました。その最大の疑問は、そもそも細胞はかなり可塑性が高いのではないか?という問いでした。
 
 神戸の理研の丹羽先生と熊本の粂教授の取材を通じて、ES細胞やそれから分化した細胞群そのものにも揺らぎが存在し、少なくとも2種以上の性質の異なる細胞が混在した群が培養条件などによって、A型が増える、B型が増えるように、振り子のように、揺らいでいるのが実態であることが実感されるようになりました。
 
 だからセルソーターによる細胞の分離によって、決して0、100によっぽどの場合でないと細胞は分けることができないのですね。今までは有望なバイオマーカーを同定できれば、ディジタルに細胞を分けることができると信じておりましたが、細胞分化は行きつ戻りつのアナログな変化であり、1細胞の現象と群としての現象が一直線には繋がらないというイメージを持つに至りました。
 
 分化はその揺らぎが大きくなり、新しい細胞群の混在が誕生する条件とも規定できるかも知れません。A型が消え、B型とC型の細胞群間で揺らいでいる状態です。こうした分化のポイントを乗り越える力を与えるのが、成長因子や分化因子といえるのかも知れません。言葉を換えれば、細胞分化の揺らぎを一方方向に導き、新たな細胞種群の間の揺らぎを定着させる力を持つのが、成長因子や分化因子、そして最近注目されているのが接着因子です。
 
 細胞分化の揺らぎがあるステージで定まると、DNAのメチル化などによって、DNA上の情報が書き換えられ、より細胞分化の状態が安定化する可能性もあります。実際にはエピジェネティックスの変化が先なのかもしれませんが、私の思いこみでは、まず細胞が次ぎの分化段階に進むことが必要で、その後に細胞分裂が起こると思っておりますので、多分、エピジェネティックスが後に来る。細胞分化の揺らぎ幅が狭まりある分化段階に収束する段階で、どんどのDNAに現在の分化情況の情報がエピジェネティックスによって、書き込まれているのではないかなと思っております。
 
 細胞の可塑性は、iPS細胞や再生医療の実用化の鍵を握っています。
 
 特に総合機構の皆さんは良く勉強していただきたい。こういた曖昧なもわもあした細胞群の品質管理を、化学物質と同じに考えると、大変な誤謬を招き、ひいては患者さんの利益を損なうことになる、と確信しました。
 
 今週は明日、北海道に移動、水曜日からなんとインドに向かいます。中国によるチベットの暴動鎮圧が波及しないことを祈っております。
 
 21日はモハメッドの誕生日です。今度はイスラム教徒で独立運動が高まっている新疆ウイグル自治区で暴発すると、インドにもイスラム教徒が多いので、情勢は流動化しそうです。
 
 旅の無事を皆さんも祈って下さい。
 
     Biotechnology Japan Webmaster 宮田 満
PS0 
 もうお読みになりましたか? ブログを開始いたしました。メールに対するご意見もこのブログで承ります。どんどん議論いたしましょう。
http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/miyata/ 
 
PS1 
 皆さん、もう登録なさいましたか?1週間にして1000人突破いたしました。
 
 環境資源エネルギー、そして農業に関係するバイオリーダーがそれぞれのビジョンを皆さんに直接お届けいたします。合わせて、BTJで報道された関連ニュースの見出しも提供、重要情報の見落としを、これで防ぐことができます。最近のホワイトバイオの動きは極めて急です。石油文明一辺倒だった世界が変わろうとしています。ご関心のある方はどうぞ下記からご登録をお急ぎ願います。
http://passport.nikkeibp.co.jp/bizmail/green/index.html 
 
PS2
 ところで、そろそろ秋から冬にかけて学会シーズンを迎えますが、ランチョンセミナーを開催予定の企業関係者に提案です。Biotechnology Japanでは、皆さんが苦労して面白いセミナーを展開していることに注目しています。会場の成約でせっかくのセミナーをご覧になれる方はせいぜい200人止まり、しかもその半数はお弁当目当てというのは、いかにももったいない。
 
 Biotechnology Japanが提供するWeBridgeを使えば、会場に来れなかった研究者に、セミナー資料をもれなくお届けすることが可能です。現在までの実績では、平均400人以上のバイオ研究者がダウンロードしています。大手製薬企業や主要大学の意識の高い研究者や関係者がアクセスいたします。講師との調整などにも対応します。
 
 詳細は、btj-ad@nikkeibp.co.jp までお申し込み願います。
 
============================================================================
「超高速シーケンサーは情報基盤の整備が必須、電子レンジのような気軽さは思い違い」と白髭克彦・東工大教授
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
「BTJアカデミック」はこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/senmonn/btj_aca.jsp
============================================================================
 
 新型の超高速DNAシーケンサーが、あたかも、電子レンジのような気軽さで誰でも扱えるものと考えている研究者がいることにも驚かされる。ポストシーケンス時代になり次々と登場してくる新規ゲノム解析技術を取り入れるスピードは日本は残念ながらアジアの中でも遅れを取っていると言わざるえない──。ChIP-seqの魅力をも知り尽くしたChIP-chipの第一人者、白髭克彦・東京工業大学大学院生命理工学研究科教授は「そういう点をふまえて、慎重かつ大胆に、新規技術の導入を図っていきたい」と抱負を語りました。
 
 詳しくは「DNAチップ」を特集した、BTJジャーナル2008年2月号のP.7-9の記事をご覧ください。
 「超高速シークエンス技術に基づいたChIP-seqを始めとする新しい技術は確かに魅力的であり、かつ、ゲノムの全体像を正確に解析する上でその導入は不可欠。しかし、現在主流となっているゲノム解析技術の全て(DNAチップ技術、プロテオミクス技術等)が本当に使用に耐える技術として確立されるまで相当の労力と時間を要し、それなりの実験基盤を整備することが必要だったことを思い起こして欲しい。新型の超高速シーケンサーも、本当に使える技術とするにはハード、ソフト、ウエット、ドライ、全ての面で新たな試練を経験しなくてはいけないのは明白だ。特に、今まで手にしたことのないような膨大な情報量、様式のデータが短期間に産出されるため、新たな情報基盤の整備は必須」と警鐘を鳴らします。
 「大学の1研究室で研究できるコストパフォーマンスの良さの点で、ChIP-chipの優位は動かないのでは。ヒトのようにシンプルな繰り返し配列が多いゲノムは、ユニークな配列ほど判別しやすいDNAチップでは解析しにくい部分があるので、シーケンサーの魅力は大きい」と白髭教授に語っていただきました。
「BTJジャーナル」のダウンロードはこちらから
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 
「BTJジャーナル」08年2月号(第26号)の目次を紹介します。
 
2 連載「大学は今」第2回
激化する博士の経済支援競争

4 リーダー・インタビュー
国際ヒト常在菌ゲノムコンソーシアム
服部正平・東京大学教授

6 特集リポート
進化するDNAチップ
ChIP-chipをヒト全ゲノムに初応用
白髭克彦・東京工業大学教授

10 リポート
文科省ターゲットタンパク初シンポ

11 新連載「いいともバイオインフォマティスト」第1回
 黒川顕・NAIST准教授

13 新サービス「BTJアカデミック」開始
14 専門情報サイト「FoodScience」

15 連載「サイコムキャリアプロジェクト」第1回 若手理系人に必要なのは論理力を汎用化すること

19 連載「遺伝統計学へようこそ!」第12回 家系情報がない集団を対象に「ありふれた」疾患の研究

 BTJジャーナルは、オープンアクセスに対応した新タイプのジャーナルです。研究や教育、日常生活にご活用いただければ幸いです。
→ http://biotech.nikkeibp.co.jp/btjjn/
 
                         BTJ編集長 河田 孝雄