デンマークNovozymes社が、新たなセルロース系バイオエタノール生産のための酵素を発売しました。時を同じくして、デンマークDanisco社の米子会社Genencor社も新酵素を発売しました。特にNovozymes社の酵素は、バイオエタノールの生産コストを1L当たり50円に抑制すると、同社は想定します。画期的な製品といって間違いないでしょう。
 昨年の秋に、Novozymes社のSteen Riisgaard社長兼CEO(最高経営責任者)が横浜の BioJapanにいらっしゃって、「1ガロン当たり2ドル25セントでバイオエタノールを作れる計算になりそうだ」とおっしゃっていました。これは1L当たり50円という数字で、日本のバイオエタノール流通価格の目標が1L=40円であることからすると、驚異的な数字と受け止めました。半年たたないうちに発売に至ったことになります。セルラーゼの活性部位を、1つのたんぱく質内に複合化するという、独自の技術を投入したようです。
 日進月歩の研究開発、商業化の動きを見ていると、限界を決め込むことは空疎だと思い知らされます。可能性を信じて突き進むのが、よいのだということです。先日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の国家プロジェクトの報告会でも、グッドニュースが相次ぎました。三菱重工業の方は、1L当たり40円の壁を超えられそうだという見通しを自信を持って語っていました。日本企業、大学、公機関が実績を積み重ねています。なかなか難しい課題はあるのでしょうけれども、繰り返しのようになりますが、悲観しても無意味だということです。
 パーソナルコンピューター=パソコンの概念を作ったAlan Kay氏の箴言が心に沁みます。「The best way to predict the future is to invent it! 未来というものは予測はできない。未来は自ら創り上げていくものだ」。日本語訳は、堀場製作所の堀場雅夫最高顧問の言葉からいただきました。“バリバリ”行きましょう。
                         バイオ部記者 星 良孝
※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html
※※過去のメールはブログでご覧になれます。コメントもお寄せください。
http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/green/
◆「BTJ」の関連記事◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        農業/環境分野のバイオテクノロジー記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
「補助金無し」植物工場で黒字経営の村上農園、初開催の見学会でロータリードラム150基も公開
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9135/
経団連の生物多様性指針、賛同企業は300社超に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9134/
「ビジネスは生物多様性問題を解決する1つのチャネル」、国際自然保護連合
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9121/
花き新戦略作り大詰め、環境の重要性が急浮上
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9101/
新日本石油、飼料用アスタキサンチンを欧州で大規模委託生産、2015年度に20億円の売り上げを目指す
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9103/
「生物多様性報告書」が今夏公表、経済性計算の下地に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9100/
Novozymes社、セルロース系エタノール「1L50円強」を実現する酵素を発売
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9099/
関西バイオ商談会「星野科学の事業性評価」と銀行系ファンド
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9079/
Codexis社、バイオ触媒による医薬品製造でインド、米国の2社と提携
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9073/
下水汚泥のエネルギー利用、東京ガスがガス化で実用化へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9068/
「米国で発酵が“ホット”」、P&G
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9051/
「バイオマスエネルギー導入ガイドブック第3版」が完成
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9029/
Genencor社、セルロース系バイオ燃料の生産能力を向上させた新酵素を発売
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9030/
キリンホールディングス、アグリ事業から撤退
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/9025/