今週、地球環境産業技術研究機構(RITE)の高木正人東京分室長(地球環境産業 技術研究所)が、化学産業の製品をバイオマス由来に代えることで、いかほどの温室 効果ガス削減効果があるかを報告しました。こうした試算はありそうで、これまで あまりなかったようです。
 高木氏は、化学品生産で必要ないろいろなプロセスの中でも、特に、ナフサからさまざまな製品を作り 出す部分に注目し、バイオマス化のインパクトを計算しました。さらに、いわゆるカーボンフリーの考え方から、廃棄物処理の観点からも削減効果もは じき出しました。化学品の原料をバ イオマス由来に代えることで、廃棄物の焼却処分時に発生する二酸化炭素をゼロと見なせ るからです。計算された削減効果は、日本の現在の二酸化炭素排出量の最大3.8% 分に上るというものでした。日本が1990年比で2012年までに6%削減を目指して、なか なかそれが難しいことを見ると、3.8%というのは小さくないでしょう。
 大切なのは、今回の考え方を多くの人に理解してもらうことなのでしょう。化学品の置き換えによる温室効果ガス削減効果というのは、省エネや生産性の向上と比較すると、理解しやすい話でありません。化学産業にかかわりの少ない人々は、生産の現場についての想像がなかなかつかないからです。逆に言えば、コンセプトを巷間のコンセンサス となるまで昇華させることができれば、グリーンイノベーションの動きの中で、植物 由来のプラスチックの技術開発が今まで以上に注目されるように考えます。
 高木氏によれば、今後、試算の改善の方向もあるようです。確かに、RITEが出した データは興味深いものであり、より試算の精度を高めて、さらに分かりやすく説明 できるようもしていただけばと考えます。日本の実態を正しく踏まえた、次なる報告 も注目したいです。
                            記者 星 良孝
※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html
※※過去のメールはブログにあります。ブログではコメントも受け付けております。
http://blog.nikkeibp.co.jp/bio/green/
◆BTJの関連記事◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            農業・環境関連の記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日産化学工業、Dow AgroSciences社より殺菌剤チフルザミドを買収
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8110/
東京大学、セルロースの結晶変化で酵素分解が促進と報告
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8105/
カイコのサナギ油でトラクターを走らせる
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8101/
東京農工大、ウズベキスタンの養蚕支援でシルクロードブランド目指す
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8100/
家庭向けの“ミニ植物工場”が登場
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8082/
化学品のバイオマス化効果、最大で日本のCO2排出量を3.8%削減
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8081/
角膜再生、創傷被覆用フィルムや人工血管向けチューブ、東京農工大学がカイコで作製
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8077/
熱湯で煮ないでも水に浸して糸を繰れるカイコ、東京農工大が開発
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8076/
東北大学、国連大学など、話題の生物多様性オフセットを日本に導入するには
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8075/
中国経済産業局「植物工場みらいフォーラム」を設立
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8055/
「植物工場はなまやさしくない」、日本農園の河原栄会長
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8056/
両備ホールディングス、植物工場を本格事業化
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8057/
植物工場を併設したサンドイッチ店、日本サブウェイが3月に出店へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/8028/