全国で学会が開催されています。分野によらず、バイオ関連の演題がよく見られる印象を持ちます。バイオマスについてもそうでしょうか。現在、日本生化学会、石油学会の学術会議が開かれていますが、それぞれ医学、化学のルーツを持つ学会ではありますが、バイオマスの演題がしっかりと設定されています。
 セルロース系エタノールの利用についての研究発表が目立っています。もともと、非食料系のバイオマスの利用を、政府が推進していましたから当然なのでしょう。石油学会では、セルロース利用の発表がありましたけれども、会場からは「これまで門外漢だったが、勉強になる」といった異文化交流の場面を目にすることがありました。毛色は違いますけれども、日本生化学会大会では、京都大学の橋本渉准教授は、多糖類のアルギン酸をバイオエタノール原料に利用する構想を披露していました。
 ステップが着実に上がっているようです。セルロースを分解すると一口にいっても、かかわる技術は多様化しています。イオン液体、セルラーゼたんぱく質の複合化など、興味深い研究を聞いていると、ぜひとも詳細を取材したくなります。新施術にキャッチアップしておかなければと思うばかりです。
 これから日経バイオテクで随時レポートしていこうと思います。
                              記者 星 良孝
※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html
◆BTJの関連記事◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            農業・環境関連の記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
京都大学、“大食い”遺伝子でダイオキシン浄化効率を2倍に
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6207/
「青いバラ」、サントリーフラワーズが11月に発売
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6178/
POET社、セルロース系エタノールの原料供給インフラ整備のためDOEより685万ドルを獲得
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6173/
日経バイオテク10月12日号「キーパーソンインタビュー」、帝人新事業開発グループHBM推進班技術開発部の北村卓朗部長に聞く
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6081/
藻類ベンチャーのマイクロアルジェ、Nostoc flagelliformeの人工栽培に世界で初めて成功
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6055/
微細藻類の「加熱処理」で炭化水素の効率的な回収、東京大学
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6025/
バイオマス圧搾しない「直接発酵法」を提案、琉球大
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/6026/