先週金曜日に文部科学省と経済産業省が産学官連携拠点を発表しました。その結果をお伝えしました。
 農業バイオにとっても重要になります。今後国がこれらの地域に対して優先的に資金を投じることになりますから。
 面白いのは各地がこれら資金の獲得を目指して自らの地域の産業集積の戦略を磨き、充実させていることでしょう。

 農業バイオは利益が取りにくくクラスターを栄えさせるのは難しいかもしれません。これからのクラスターの地域間競争で強いビジネスモデルが地方から生まれればと期待します。
                              記者 星 良孝
※※みなさまからのご意見、ご批判をお待ちしております。
https://bpcgi.nikkeibp.co.jp/form-cgi/formhtml.cgi?form=ask_pass4/index.html
◆BTJの関連記事◆◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            農業・環境関連の記事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【連載・クラスター】
北海道設立25年のバイオ企業、アミノアップ化学が見るバイオクラスター
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3259/
かつてフィリピン研究所でココヤシ開発の花王が植物・バイオマス研究棟建設、
エコテクノロジーリサーチセンター3棟に160億円
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3258/
荏原実業とバイオジェニック、微細藻類の研究開発で日本水産と業務提携
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3250/
【連載・クラスター】バイオ専門の課を置く北海道経済産業局
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3240/
Iogen Energy社、パルプ工場跡地にセルロース系エタノールプラントを建設へ
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3234/
【連載・クラスター】イーベックにとって、北海道の産業集積の利点とは?
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3217/
 
激戦の“重点クラスター”選抜、文部科学省と経済産業省が結果発表
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3185/

「植物工場の実現へ、2000億円規模の助成金が必要」、
農水省ワーキンググループ座長の高辻正基氏が見通し
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3155/
Monsanto社とBASF社、トウモロコシに乾燥耐性をもたらす遺伝子を発見
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3163/
 
総額98億円の植物工場補助金、注目点は「ポイント制」
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/oc/2006/3130/